フランス著作権事務所元代表取締役の岡田幸彦氏が死去 [fr]

 ローラン・ピック駐日フランス大使は、フランス著作権事務所元代表取締役の岡田幸彦氏の訃報を受け、追悼のメッセージを発表しました。

 「フランスの友人が亡くなりました。私たちは2019年7月10日に逝去されたフランス著作権事務所元代表取締役の岡田幸彦氏の訃報を受け、深い悲しみを覚えています。

 フランス著作権事務所代表取締役を務めた岡田氏は、フランス人アーティストの著作権管理に力を尽くされました。その功績がフランス政府に認められ、1985年に芸術文化勲章シュヴァリエに叙されました。その後、岡田氏は美術著作権協会(SPDA)を設立し、後に日本美術著作権協会(JASPAR)の設立につながりました。フランス共和国は1997年、岡田氏に再び感謝のしるしを示すため、芸術文化勲章シュヴァリエの上位にあたる同勲章オフィシエを授与しました」

ローラン・ピック
駐日フランス大使

最終更新日 19/07/2019

このページのトップへ戻る