第5回日仏サイバー協議 [fr]

 第5回日仏サイバー協議が7月12日、フランス北西部のレンヌで開催されました。

 今回の協議では、フランスのデジタル担当大使のアンリ・ヴェルディエ、日本の外務省総合外交政策局審議官兼サイバー政策担当大使の大鷹正人両氏が共同議長を務めました。両国の関係省庁の代表者も出席しました。

 フランスと日本は今回の協議で、それぞれの脅威評価を示し、サイバーセキュリティに関する政策の直近の進展状況を説明しました。さらにサイバー空間における平和と安全に関する多国間フォーラムで進められた議論やイニシアティブについても取り上げました。両国はこの分野における2国間協力の強化を優先課題として位置づけました。民間部門の企業との意見交換会も協議の枠外で開催されました。

 共同声明が7月12日の協議後に採択されました。

 第6回日仏サイバー協議は2020年に日本で開催されます。

PDF - 125.4 kb
第5回日仏サイバー協議共同声明
(PDF - 125.4 kb)

最終更新日 29/07/2019

このページのトップへ戻る