ロシアでデモ [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は、ロシアのデモをめぐる最近の動向を懸念する声明を発表しました。

 ここ数日間にモスクワで行われた平和的デモの後に、多数の逮捕者と拘束者が発生しました。7月23日から拘留されているアレクセイ・ナワリヌイ氏の健康状態も急速に悪化しました。

 フランスは拘束者の速やかな解放を呼びかけるとともに、これらの最近の動向に対して深い懸念を表明します。

 ロシアはヨーロッパ評議会とヨーロッパ安全保障協力機構(OSCE)の加盟国であり、両機関のすべての加盟国と同様に、この枠組みの中でなされた約束、特に言論、表現、デモ、自由選挙への参加の自由を尊重しなければなりません。

 フランスは法治国家の尊重を極めて重視します。大阪で行われた両首脳の意見交換が再び示したように、この側面はロシアとの政治対話の不可欠な部分です。

最終更新日 30/07/2019

このページのトップへ戻る