日本で死刑囚2人に刑執行 [fr]

 ローラン・ピック駐日フランス大使は8月2日、日本で死刑囚2人の刑が執行されたことを受けてメッセージを発表しました。

 死刑囚2人の刑が8月2日、それぞれ福岡と東京で執行されました。2019年に入って初めての死刑執行となります。

 フランスはヨーロッパ連合のパートナー諸国と同様に、いかなる場所、いかなる状況においても死刑に反対しています。不公平、非人道的かつ犯罪抑止効果がないこの懲罰の世界的な廃止を呼びかけます。世界の3分の2以上の国々が正式に、あるいは事実上、死刑を廃止しています。

 2020年4月には第14回国連犯罪防止刑事司法会議が日本で開催されることもあり、フランスは最終的な死刑廃止に向けた最初のステップとなるモラトリアム(執行停止)を確立するよう呼びかけます。また、死刑制度に関する議論が日本の社会で進むよう促し続けます。

関連記事

最終更新日 05/08/2019

このページのトップへ戻る