中距離核戦力全廃条約 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は8月2日、中距離核戦力全廃条約に関する声明を発表しました。

 フランスは中距離核戦力(INF)全廃条約の効力を維持するため、何らの解決策も見いだすことができなかったことに加え、ロシアが昨年繰り返し表明された説明要求にも、条約の適切な実施の呼びかけにも応じなかったことに遺憾の意を表明します。

 INF条約はヨーロッパの安全保障体制と戦略的安定性の中心的要素でした。この条約の失効はヨーロッパの不安定リスクを増大させ、国際的な軍備管理システムを侵食します。

 フランスは法に基づいた実際的で検証可能な核軍備管理・核軍縮のために積極的に関与する立場を改めて表明するとともに、ロシアとアメリカに対し、2021年に期限を迎える新戦略兵器削減条約(新START条約)を延長し、後継条約について交渉するよう促します。

最終更新日 06/08/2019

このページのトップへ戻る