日仏討論会「私たちは今後どのような世界を望むのか?生命倫理と技術革命」 [fr]

 日仏討論会「私たちは今後どのような世界を望むのか?生命倫理と技術革命」が9月26日(木)、東京・恵比寿の日仏会館ホールで開催されます。

JPEG

 日本とフランスは、生物学と医学における近年の極めて急速な技術進化がもたらした重大な倫理問題に直面しています。クローニング、遺伝子治療、健康分野における人工知能(AI)、人工的な生殖方法などは、社会に重大な影響を与えるでしょう。フランスの全国倫理諮問委員会は2018年、これらのテーマをめぐる考察を深めるため、三部会形式の公開討論会を通してフランス国民の意見を聴取しました。フランスの国会は、この国民からの意見聴取を踏まえた生命倫理法改正案に関して近く意見を表明します。他方、日本当局もこれらの問題について、極めて真剣に検討を進めています。

 研究の前進によって、どのような展望が開かれているのでしょうか?これらの問題に関する法整備をさらに進めるべきでしょうか?どのように国民を検討過程に参画させればよいのでしょうか?今回の討論会は、日仏のハイレベルなパネリストが一堂に会し、とりわけ生物学と医学における技術革新と、それがもたらす新しい課題に直面する私たちが、明日に向けて求める世界について考察を深める機会となります。

 この討論会に登壇するパネリストは、フランス全国倫理諮問委員会委員長のジャン=フランソワ・デルフレシ氏、理化学研究所・革新知能統合研究センター・社会における人工知能研究グループディレクターの中川裕志氏、フランス国立情報学自動制御研究所(INRIA)所長顧問・名誉リサーチディレクターのクロード・キルシュネール氏、毎日新聞論説室専門編集委員(科学担当)の青野由利氏、国立研究開発法人日本医療研究開発機構基盤研究事業部主幹の福士珠美氏です。

 在日フランス大使館科学のジャン=クリストフ・オフレ技術参事官が開会のあいさつを行うほか、東北大学名誉教授の原山優子氏が司会を務めます。

開催概要

日時 2019年9月26日(木)18:00~20:00(17:30会場)
会場 日仏会館ホール(〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-9-25)
日仏同時通訳付
入場無料・要オンライン登録
オンライン登録 アンスティチュ・フランセ東京公式ホームページ

PDF - 959.7 kb
チラシをダウンロード
(PDF - 959.7 kb)

共催 在日フランス大使館科学技術部、アンスティチュ・フランセ日本
協力 公益財団法人日仏会館、日仏会館・フランス国立日本研究所

JPEG - 14.4 kb
JPEG - 1.6 kb

最終更新日 27/09/2019

このページのトップへ戻る