マクロン大統領が第1セッション後に進捗状況を説明 [fr]

 エマニュエル・マクロン大統領は8月25日、G7ビアリッツ・サミットの第1セッション終了後、議論の進捗状況を記者団に説明しました。前日の非公式夕食会では、アマゾン、イラン、ウクライナ危機・ロシア問題の主に3つのテーマが取り上げられました。この日の午前中に行われた第1セッションでは、国際貿易、課税問題、グローバルな成長をめぐり議論が行われました。

音声:フランス語のみ

最終更新日 26/08/2019

このページのトップへ戻る