G7主催国および各国家元首の宣言 [fr]

 フランスによってビアリッツで開催されたG7は、ここに総括的にまとめられた複数の項目に関する合意を引き出すことができました。

 G7サミットが3日間にわたってビアリッツ市で開催されました。今年のサミットは7カ国首脳による非公開会合から脱却し、全面的に刷新されました。これほど市民社会が参画したことは過去にあまり例がないうえ、地域で影響力が高まる数多くの国も招待されました。

 アマゾンの存続、イランの安定、世界貿易、アフリカの飛躍的発展、ジェンダー平等、不平等との闘いに関する一連の具体的な行動が決定されました。

 エマニュエル・マクロン大統領は有益なG7を望み、そうなったことは結果が示しています。

 グローバルな危機と貿易に関して下された主要な決定を1ページにまとめた文書をご覧ください。

G7主催国および各国家元首の宣言

2019年8月26日-宣言

 G7の指導者たちは議論における強い団結と、前向きな精神を強調したいと考えました。ビアリッツにてフランスが主催した今回のG7では、複数の点で合意に至り、これを主催国および各国家元首の手で以下へ総括的に列挙しました:

商業取引

 G7は世界に開かれた公正な商業取引、および世界経済の安定を強く望んでいます。各国財務大臣が、世界経済の状況を継続的に見守ることを期待します。
 そのためには、G7が世界貿易機構に根本的な変化を施すことで、知的財産の保護をより効果的に実施し、紛争を早急に解決し、不正な商業活動を根絶したいと考えます。
 2020年には経済協力開発機構の一環として、規制障壁の簡略化および国際税法の近代化に対する合意を導き出すと誓約します。

イラン

 我々が共有する2つの目的は、イランが核兵器を所有しないよう働きかけること、そして地域の平和と安定を優先することです。

ウクライナ

 具体的な成果を求めて、今後数週間のうちにノルマンディー・フォーマットの閣僚会議をフランスとドイツが企画します。

リビア

 我々は永続的な停戦へ向かう可能性を有するリビアの休戦を支持します。
 リビアの安定が確保できるのは、政治的な解決しかありえないと考えます。
 この紛争に関わるすべての地域関係者が参加する国際会議を、確実に準備できるよう願っております。
 これに対して、相互リビア会議の設置へ向けた国連とアフリカ連合の活動を、我々は支持します。

香港

 香港に関して1984年に中国と英国から発せられた宣言の存在と重要性をG7では再び確認し、暴力を回避するよう呼びかけます。

最終更新日 30/08/2019

このページのトップへ戻る