フランス、国際防衛ラグビー競技会で3位 [fr]

© Koichi Nakagawa
© Koichi Nakagawa
© Koichi Nakagawa
© Koichi Nakagawa
© Koichi Nakagawa
© Koichi Nakagawa
© Koichi Nakagawa
© Koichi Nakagawa
© Koichi Nakagawa
© Koichi Nakagawa

 
 国際防衛ラグビー競技会(IDRC)3位決定戦が9月23日に千葉県の柏の葉公園総合競技場で行われ、フランス軍チームが10対5でニュージーランド国防軍「ディフェンスブラックス」から勝利をもぎ取りました。

 この試合は台風17号が日本海を通過する中で行われ、片側のゴールポストが倒れるほどの強風に見舞われました。主催者は両チームの了解を得て、残りのゴールポストも解体することを決め、試合はドロップゴールも、ペナルティキックも、コンバージョンキックもなしで続行されました。通常と異なる競技ルール、うだるような暑さ、「ラグビーのゴールポストが根こそぎ倒れる」ほどの強風という異例ずくめの中、フランスは後半にニュージーランドから2トライを奪いました。ニュージーランドチームは試合終了数分前、1トライを挙げて一矢を報いました。フランス軍チームは「3位決定戦」で勝利し、3位の座を確保して競技会を終えました。

 決勝戦ではフィジーがイギリスと対戦し、31対17で圧勝しました。フィジーは2015年に続いて優勝しました。

最終更新日 25/09/2019

このページのトップへ戻る