グローバルファンドへの拠出誓約、140億2,000万米ドル達成 [fr]

JPEG

 世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)第6次増資会議が10月9日と10日、フランスのリヨンで開催されました。会議に集まったドナーは、向こう3年間に140億2,000万米ドルを拠出することを誓約しました。

 グローバルファンドは3年ごとに増資会議を開催します。

 この機会に、すべての政府や民間のドナーが資金拠出の誓約を発表します。グローバルファンドは当事者団体の代表を含めた市民社会のパートナーも招待します。すべての人が資金動員に関係し、各国の計画実行に関与しているからです。集められた資金は、年間250万人近くの命を奪う3大感染症の予防対策・治療プログラムに資金を直接提供することに役立てられます。

 国際社会は今日、3大感染症の排除に向けた現在の軌道から逸脱するリスクに直面しています。これまで成し遂げられた進歩を確実なものにするとともに、課せられた試練に立ち向かうため、国際社会全体が力を結集し、持続可能な開発目標3(すべての人に健康と福祉を)の達成に向けた動きを加速させなければなりません。

目標は何百万人の命を救うこと

 10月9日と10日にリヨンで開催された第6次増資会議に集まったドナーは、向こう3年間に140億2,000万米ドルを拠出することを誓約しました。保健分野の多国間機関がこれほどの金額を集めたことはなく、グローバルファンドとしても過去最高です。この新しい財源によって、グローバルファンドは向こう3年間、何百万人の命を救い、新たに何百万人が感染するのを回避するとともに、保健システムの革新と改善に対する資金協力を続けることができます。今回のコミットメントは2030年をめどに3大感染症を根絶するために極めて重要です。

© Judith Litvine / MEAE
© Judith Litvine / MEAE
© Judith Litvine / MEAE
© Judith Litvine / MEAE
© Judith Litvine / MEAE
© Judith Litvine / MEAE
© Judith Litvine / MEAE
© Judith Litvine / MEAE
© Judith Litvine / MEAE
© Judith Litvine / MEAE

 

エイズ、結核、マラリアの現状は?

 グローバルファンドが設立されて以来、3,200万人の命が救われました。グローバルファンドがこれらの疾病の動向に与えた影響は決定的でした。HIV・エイズによる死亡率は2002年以降、半減しました。しかし今日、成し遂げられた進歩にかかわらず、立ち向かうべき試練が残っています。

  • 2018年、3,790万人がHIVに感染している一方、新たな感染が約50カ国で再び広がっています。
  • マラリアは2017年に43万5,000人以上の命を奪い、2015年以降、進歩が停滞しています。
  • 結核は2017年に130万人の命を奪い、薬剤耐性結核が広がるとともに、新たな結核患者がアフリカ西部と中央部で10%増加しました。

全面的に取り組むフランス

 エマニュエル・マクロン大統領は、持続可能な開発目標の達成に向けたフランスの決意を示すため、第6次増資会議の開催を受け入れることを決定しました。増資会議はグローバルヘルスの先陣を切るフランスの大都市リヨンで開催されます。

 フランスはグローバルファンドの創設メンバーです。フランスはグローバルファンドのガバナンスに積極的に参画するとともに、2002年の設立から今日まで歴代2位の46億1,000万ユーロを供出した第2位の貢献国です。フランスは数百万人の命を救うためにグローバルファンドの活動に協力し、今後も協力し続けます。

 フランスはユニットエイドの最大の拠出国です。ユニットエイドの決定的な活動によって、3大感染症の革新的な診断法と治療法が開発され、アクセスできるようになっています。フランスは世界中で予防接種の効果を高めているGaviワクチンアライアンスの主要な支援国です。さらに世界保健機関(WTO)に対しても、健康危機の未然防止と対応のため、患者を中心とした総合健康モデルを通した保健システムの強化のため、また普遍的な健康保険の導入のために積極的に働きかけています。最も重大な感染症との闘いは、1人の住民も置き去りにしないように留意しながら、地域社会から病院に至るまで、予防活動から最先端治療に至るまで、保健システム全体を強化することが必要です。

 今年、G7議長国を務めたフランスはグローバルヘルスに焦点を当てるとともに、サヘル地域を優先課題として掲げながら、各国だけでなく主要な非国家アクターも、健康に関する持続可能な開発目標の達成に向けてコミットメントを刷新するよう1年を通して尽力しました。加えて、感染症による被害を受けた国やグローバルファンドの受益国が、自国の保健システムへの資金の割り当てを増やすことをコミットするようにも主張しました。ドナーのさらなる貢献や新たな貢献によって、また保健のために国の財源の動員を増やすことで、フランスと国際社会全体はエイズ、結核、マラリアの3大感染症を2030年までに根絶すべく決定的な一撃をもたらすことができます。

ステファニー・セドゥー・グローバルヘルス担当大使のメッセージ(英語)

フランスの行動に関する資料(英語)

PDF - 584 kb
資料「フランス、グローバルヘルスのキープレーヤー」(英語)
(PDF - 584 kb)

最終更新日 18/10/2019

このページのトップへ戻る