シリア北東部情勢、国防・国家安全保障会議で協議 [fr]

 フランス大統領府は10月14日、シリア北東部情勢を協議するために前日に招集された国防・国家安全保障会議に関する声明を発表しました。

 エマニュエル・マクロン大統領は10月13日、シリア北東部情勢の現状を総括するため、国防・国家安全保障会議を招集しました。

 マクロン大統領はトルコによって開始された一方的な攻撃が、深刻な人道的結末、地域におけるダーイシュ(「イスラム国」)の再出現、シリア北東部の持続的な不安定化をもたらす危険性をはらむことを強調しました。フランスはこの攻撃を最も強い言葉で非難します。

 以下の決定が承認されました。

  • フランスは進行中のトルコの攻撃を即時停止させるため、対ダーイシュ有志連合のパートナーと緊密に連携しながら、ヨーロッパ連合(EU)、北大西洋条約機構(NATO)、国連安全保障理事会の枠組みを通じて外交努力を強める
  • 対ダーイシュ国際有志連合または人道支援の理由でこの地域にいるフランスの軍人と文民の安全を確保するための措置を数時間内に講じる
  • シリア北東部の住民のニーズに対処するため、緊急人道支援プログラムを実施する

 絶対的な優先課題は、地域におけるダーイシュの再出現を阻止することでなければなりません。捕虜となったダーイシュのテロリストがトルコの攻撃に乗じて脱走する危険性は十分に考慮されています。こうした状況を踏まえ、国土の安全保障を強化するための措置も採択されました。

最終更新日 16/10/2019

このページのトップへ戻る