ラファエル・マリアーノ・グロッシ氏をIAEA事務局長に選出 [fr]

 フランスはラファエル・マリアーノ・グロッシ氏の国際原子力機関(IAEA)事務局長選出を祝福する声明を発表しました。

 フランスは国際原子力機関(IAEA)事務局長に選出されたラファエル・マリアーノ・グロッシ氏に祝意を表するとともに、成功を祈念します。

 フランスは主要課題である核拡散危機や、原子力安全、核セキュリティ、核不拡散をめぐるより良い条件下における原子力平和利用の発展に対応するため、IAEAの極めて重要な任務を遂行する新事務局長を全面的に支援します。

 われわれはIAEAがエネルギー、医療、気候変動対策、科学技術研究のような数多くの基幹分野における原子力平和利用の利点の有効活用を重視し続けることを認識しています。

 フランスは事務局長選のそのほかの候補である、ここ数カ月間に事務局長代行として目覚しい仕事をしたコルネル・フェルータ氏、包括的核実験禁止条約機関のトップとして任務にあたり、だれにも認められ、フランスが一貫して支援するラッシーナ・ゼルボ氏にも敬意を表します。

最終更新日 01/11/2019

このページのトップへ戻る