イスラエル当局が入植地住宅建設とインフラ工事を承認 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は11月5日、イスラエル当局の入植地住宅建設とインフラ工事を承認する決定を非難する声明を発表しました。

 フランスはイスラエル当局がヨルダン川西岸の住宅2,342棟の建設と、ベツレヘム近くのインフラ工事を許可するための決定を最近下したことを非難します。

 これらの決定は、ヨルダン川西岸と東エルサレムにおける入植活動の加速化という憂慮すべき状況の一環を成すとともに、2国家解決に基づく、イスラエル人とパレスチナ人の間の公正で恒久的な平和の条件を揺るがすものです。

 フランスはイスラエル当局に対し、これらの計画ならびに2国家解決を白紙に戻しかねないすべての計画を断念するよう呼びかけます。

最終更新日 06/11/2019

このページのトップへ戻る