日本からフランスに引き継がれるラグビーW杯 [fr]

 在日フランス大使館は、第9回ラグビーワールドカップを成功に導いた開催国の日本に心から祝意を表します。イングランドとの決勝を制した南アフリカの優勝で幕を閉じた今大会の全出場チームに喝采を送ります。もちろん日本代表「ブレイブ・ブロッサムズ」の快進撃や、将来を期待させるフランス代表の活躍も心にとどめています。

 ラグビーワールドカップ2019組織委員会は、天候不良による難局に遭遇することもありましたが、ワールドラグビーと協力しながら見事な大会運営を果たされました。フランスは日本に甚大な被害をもたらした台風19号と最近の洪水により犠牲になられた方々のご冥福を改めてお祈り申し上げますとともに、被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。

 フランスはこの特別なスポーツイベントの開催国を引き継ぎ、歓喜とともに重責を感じています。

 そうした中、日本大会の閉幕を記念したレセプションが10月30日、フランス大使公邸で開催されました。出席したワールドラグビーのビル・ボーモン会長、ラグビーワールドカップ2019組織委員会副会長の森喜朗元総理大臣、フランス・ラグビー連盟のベルナール・ラポルト会長、ラグビーワールドカップ2023組織委員会のクロード・アチェCEO、ローラン・ピック駐日フランス大使がそれぞれあいさつを述べました。

 このイベントは5人のフランス人有名シェフのおかげで、数多くの招待客(要人、各種スポーツの国際競技連盟や日仏企業の代表、その他のラグビー関係者)が、2023年9月8日から10月21日まで開催される次回フランス大会の雰囲気をいち早く味わうことができました。

ローラン・ピック駐日フランス大使
ローラン・ピック駐日フランス大使
ワールドラグビーのビル・ボーモン会長
ワールドラグビーのビル・ボーモン会長
フランス・ラグビー連盟のベルナール・ラポルト会長
フランス・ラグビー連盟のベルナール・ラポルト会長
ラグビーワールドカップ2019組織委員会副会長の森喜朗元総理大臣
ラグビーワールドカップ2019組織委員会副会長の森喜朗元総理大臣
5人のフランス人有名シェフ
5人のフランス人有名シェフ

関連記事

最終更新日 14/11/2019

このページのトップへ戻る