第20回東京フィルメックス [fr]

 今年で20回目を迎える東京フィルメックスが11月23日(土・祝)から12月1日(日)まで、東京・有楽町朝日ホールなどで開催されます。

JPEG - 75.6 kb
HHH © Eric Gautier

 東京フィルメックスは質の高いプログラムとともに、映画ファンにとっても世界中の映画関係者にとっても一体感のあるイベントとして国際的に認められた映画祭で、最も有望なアジアの映画監督の新作10作品がコンペティション部門に出品されます。

 特別招待作品「フィルメックス・クラシック」部門では、アンスティチュ・フランセ日本の協力を得て、オリヴィエ・アサイヤス監督の『HHH:侯孝賢』(1997年)デジタルリマスター版が同監督を迎えて上映されます。アサイヤス監督の来日は、近く劇場公開される『冬時間のパリ』(2018年)のプロモーションの一環でもあります。本作のプレミア上映会が12月2日(月)にアンスティチュ・フランセ東京で、映画配給会社トランスフォーマーの協力と、フランス映画振興団体ユニフランスの支援を得て開催されます。ジュリエット・ビノシュとギヨーム・カネが競演する本作は12月20日(金)よりロードショーとなります。この機会にアサイヤス監督特集が11月30日(土)から12月6日(金)までアンスティチュ・フランセ東京で開催され、一部デジタルリマスター版を含む6作品が上映されます。

 アサイヤス監督と同監督作品の製作総指揮を務めるシルヴィ・バルテ氏は、東京都と国際交流基金アジアセンターが東京フィルメックスとの共催で2010年より開催しているアジア諸国の若手映画監督・プロデューサー育成事業「タレンツ・トーキョー」のマスタークラスに参加する予定です。

 最新作『ヴィタリナ(仮題)』(ロカルノ国際映画祭で金豹賞と最優秀女優賞を受賞)が東京フィルメックス特別招待部門で上映されるポルトガルのペドロ・コスタ監督も12月3日(火)、アンスティチュ・フランセ東京に登場し、初期2作品『血』と『溶岩の家』を紹介します。上映後にコスタ監督と黒沢清監督の対談が行われます。

アンスティチュ・フランセ日本
映像・音楽部門統括マネージャー
オリヴィエ・デルプ

開催概要

第20回東京フィルメックス「映画の未来へ」

会期 11月23日(土)~12月1日(日)
会場 有楽町朝日ホール(〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F)
詳細 第20回東京フィルメックス公式ホームページ

オリヴィエ・アサイヤス特集2019 ー世界のしめす逃走線とともに

会期 11月30日(土)~12月8日(日)
会場 アンスティチュ・フランセ東京(〒162-8415 東京都新宿区市谷船河原町15)
詳細 アンスティチュ・フランセ東京公式ホームページ

最終更新日 18/11/2019

このページのトップへ戻る