ブルキナファソのアルビンダとアラレで襲撃発生 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は12月26日、ブルキナファソ北部で発生した襲撃事件を非難する声明を発表しました。

 フランスはブルキナファソ北部のアルビンダとアラレで多数の犠牲者を出した襲撃事件を最も強い表現で断固非難します。

 フランスは犠牲者のご遺族に哀悼の意を表するとともに、負傷者の早期回復を祈念します。

 フランスはテロとの戦いにおいて、ブルキナファソの側に立ち続けます。

最終更新日 30/12/2019

このページのトップへ戻る