カルロス・ゴーンの状況 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は2019年12月31日、カルロス・ゴーンに関する記者の質問に答えました。

記者:カルロス・ゴーンの逃亡に対するフランスの態度は?

ヨーロッパ・外務省:フランス当局はカルロス・ゴーンのレバノン到着を報道で知りました。彼は日本で起訴され、同国を離れないようにするための措置が取られていました。

 フランス当局は彼の日本出国について知らされておらず、出国の状況についても一切知りません。

 カルロス・ゴーンは日本で逮捕された直後から、すべてのフランス国籍保有者と同様に領事保護を受けました。彼の状況および一部の法の原則の遵守は、在日フランス大使館によって常に注意深く見守られました。カルロス・ゴーンおよび彼の弁護団との定期的な連絡は、最高位のフランス政府当局者の要請を受けて、駐日フランス大使によって維持されました。

最終更新日 02/01/2020

このページのトップへ戻る