アイデア・ナイト2020「発酵の文化 : 食からデジタルまで」 [fr]

 日本で4回目を迎える「アイデア・ナイト」が1月30日(木)、アンスティチュ・フランセ関西-京都で開催されます。今回の討論会では、発酵の意外な側面が明らかにされます。さらに懇親会で楽しいひとときを過ごす機会にもなります。

JPEG - 465.3 kb
© Julia Lebrao Sendra

 アイデア・ナイトは2016年以来、フランスをはじめ、世界中で同時開催され、90カ国で200以上のイベントが催されます(アンスティチュ・フランセのイベント公式ホームページ英語版で全プログラムを閲覧可能)。パリや東京はもちろん、ダカールからロサンゼルスに至るまで、世界各地で知識人、研究者、アーティストなど、さまざまな分野のパネリストが参加する討論会を通して、時事的なテーマをめぐって交流する国際的な思想の祭典です。

 1月30日(木)に世界中で開催されるアイデア・ナイトのテーマは「生きていること」。この機会にアンスティチュ・フランセ関西-京都では、日仏両国のパネリストが「発酵の文化:食からデジタルまで」をテーマに対話します。生命、変化、熟成に関連するこのテーマを中心に、多方面にわたる専門分野がクロスするユニークな討論会です。さまざまな分野のパネリストが、食(みそ、しょうゆ、ワイン)、人類学、土の建築、さらにデジタルなど、多角的な視点から今回のテーマを取り上げます。

 独自の視点を持つ4人のパネリストが登壇します。早稲田大学准教授で多数の著書もあるドニミク・チェンは、発酵をヒントにデジタルメディアを考えます。エンジニアで『エネルギーの愉快な発明史』(河出書房新社)の著者であるトマ・オルティーズは、食、健康、エネルギーの分野に社会変革をもたらすキノコの栽培に情熱を傾けています。東京農業大学で研究生として発酵学を学び、『発酵文化人類学 微生物から見た社会のカタチ』を執筆した小倉ヒラクは、特にフランスの人類学者クロード・レヴィ=ストロースの研究に基づいて、人類学的アプローチから発酵を再考します。京都工業繊維大学研究員のグレゲリー・ペーター・パルナは、キノコを使った発酵土を利用する建築について取り上げます。

 アイデア・ナイトは過去3年間、東京(2017年「海-世界と私たちを結ぶもの」、2019年「現在と向き合う:多国間主義の未来とは?」)と、京都(2017年「京都はすばらしい新世界?」、2018年「想像力に至上権を、あるいはユートピアのような現実」)で開催されました。

 今回も発見に満ちた夜になりそうなアイデア・ナイト。大勢の皆さまのご来場を心よりお待ちしています。寒さの厳しい冬の一夜は、パネリストの討論に耳を傾け、発想を転換させる機会になるだけでなく、討論会に引き続き、アンスティチュ・フランセ関西-京都で開催される懇親会で、心温まるひとときを過ごす機会にもなります。

開催概要

日時 2020年1月30日(木)18:00~21:00
場所 アンスティチュ・フランセ関西-京都(〒606-8301 京都市左京区吉田泉殿町8)
言語 フランス語・日本語(同時通訳付き)
入場無料・要事前予約
予約・問い合わせ アンスティチュ・フランセ関西公式ホームページ

PDF - 4.8 Mb
チラシをダウンロード
(PDF - 4.8 Mb)

PNG JPEG

最終更新日 31/01/2020

このページのトップへ戻る