新型コロナウイルス、記者会見質疑応答 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省報道官は1月28日、新型コロナウイルスに関する記者からの質問に答えました。

記者1:武漢のフランス人退避について、どのような情報を提供していただけますか? 政府がチャーターしたパリ・武漢便は、いつ到着し、いつパリに向けて出発しますか? 明日、搭乗するフランス人は何人いますか? その中にコロナウイルスに感染している人はいますか? 今回の帰国オペレーションを担当するチームの構成は?

記者2:今の質問に関連して、複数の便が予定されているのかをお尋ねします。どのくらいの期間にわたるのでしょうか? 帰国者が宿泊する場所に関する詳細な情報はお持ちですか? 全員が同じ場所に滞在するのか、それともフランス全国に分散して滞在するのでしょうか? 何人がフランスへの帰国を正式に希望したのでしょうか? ドジェバリ交通担当副大臣は今朝、第1便が木曜日、症状のある人を乗せた第2便が後日と言及しています。これらの情報を確認していただけますか?

報道官:ご承知のように、新型コロナウイルス(2019-nCov)に関連した危機に対する対応は、公衆衛生上の理由から、連帯・保健省が全体的な調整を担っています。

 その一環として、帰国希望者のための直行便によるフランスへの帰国オペレーションは、ヨーロッパ・外務省、連帯・保健省、軍事省、内務省により準備が進められています。全体の指揮を執るのはヨーロッパ・外務省危機支援センターです。

 オペレーションのすべての方法は、公衆衛生上の勧告を十分に尊重し、常に中国当局と連携しながら、引き続き準備が進められます。フランスの専門チームが実施した搭乗前の医療検査により、すべての人とって公衆衛生上の最良の条件下で、空路による帰国の準備を進めることができます。

関連記事

最終更新日 28/03/2020

このページのトップへ戻る