【延期】アディティブ ・マニュファクチャリングに関する日仏ワークショップ [fr]

 このイベントは5月18日と19日に開催予定でしたが、延期となりました。新しい日程は近日公開予定です。

JPEG

 アディティブ ・マニュファクチャリングに関する日仏学術ワークショップが、在日フランス大使館、東京工業大学、物質・材料研究機構(NIMS)、日仏工業技術会の共催で開催されます。会場は東京工業大学の大岡山キャンパスです。

 金属材料を用いた積層造形「アディティブ ・マニュファクチャリング(AM)」が、従来の部品や構造の設計方法を一変させています。近年、3Dモデリングソフトウェアが造形方式と相まって進歩したことで、AM技術のレベルが飛躍的に向上し、産業分野(自動車、航空宇宙、建設、医療、原子力など)はもとより、日常生活においても、極めて幅広い使用事例が見られるようになりました。AM技術は成熟度が上がるにつれて、産業分野で広く活用される日も近づいています。しかし今日はまだ普及を阻害する技術的課題に直面しています。

 本ワークショップは、この分野の日本とフランスの専門家が経験を共有し、将来的な協力の可能性を検討する機会となります。

 イベントのプログラムに関する詳細は近日中に公開予定です。日仏科学関連の最新情報については、フランス大使館科学技術部発行ニュースレターをご購読ください。

最終更新日 08/05/2020

このページのトップへ戻る