仏・トルコ外相電話会談 [fr]

 ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣は2月28日、トルコのメヴリュット・チャヴシュオール外務大臣と電話会談を行いました。

ジャン=イヴ・ル・ドリアン・ヨーロッパ・外務大臣の声明(2020年2月28日)

 
 私は今日(28日)午後、トルコのメヴリュット・チャヴシュオール外務大臣と会談しました。

 私はシリア北西部で昨日行われたトルコ軍に対する攻撃に対し、チャヴシュオール外務大臣に哀悼の意とフランスのトルコへの連帯の意を表明しました。私はイドリブ県の緊張緩和に関する約束と国際人道法に対するシリア政権とロシアの度重なる違反を非難しました。

 私はシリア北東部で始まった武力攻撃を終結させ、国際人道法に基づく義務を完全遵守し、敵対行為に直ちに終止符を打つため、2018年秋の停戦協定に立ち返るようシリア政権とロシアに求めるフランスの呼びかけを重ねて表明しました。ロシアはイドリブで緊張緩和を達成し、政治的プロセスの再開を可能にするため、トルコとの交渉を継続しなければなりません。

 特にトルコをはじめとするシリア近隣諸国がシリア難民を支援するために尽くした努力に敬意を表するとともに、国として、さらにヨーロッパ連合(EU)およびEU加盟国とともに、強化された人道支援を動員するわれわれの決意を重ねて表明しました。

最終更新日 02/03/2020

このページのトップへ戻る