マクロン大統領、国民に向けて2回目のテレビ演説 [fr]

 エマニュエル・マクロン大統領は3月16日、新型コロナウイルス感染症対策について、2回目の国民向けテレビ演説を行いました。その中で、少なくとも15日間の外出制限措置を講じることを発表しました。

マクロン大統領が3月16日に行ったテレビ演説

マクロン大統領の国民向けテレビ演説-全文

2020年3月16日-訳文

 フランス国民の皆さん、

 私は先週木曜日の夜、わが国が遭遇している公衆衛生上の危機について取り上げるため、皆さまに向けて演説を行いました。これまで感染症は一部の人にとって遠い出来事のような気がしていたかもしれませんが、今や差し迫った、切迫した現実になりました。

 政府は、私が前回皆さんに発表したように、ウイルスの感染拡大に歯止めをかけるべく断固とした措置を講じました。その日以降、託児所、小学校、中学校、高等学校、大学が休所、休校になりました。土曜日の夜、レストラン、生活必需品を扱う商店以外のすべての店舗も休業になりました。100人以上の集会も禁止されました。フランスが平時に、もちろん特別であり、もちろん一時的ですが、このような決定を下さざるを得なくなったことは過去に例がありません。これらの決定は「われわれをウイルスの感染拡大から守る」ことを唯一の目的とし、科学者の忠告に基づいて、整然と準備した上で下されました。

 木曜日の日中、市町村議会選挙の第1回投票を予定通り実施することで、科学的・政治的コンセンサスが形成されました。私は首相とともに、投票を予定通り実施する決定を下しました。昨日の日曜日、選挙の投票を実施できました。私は今夜、国の関係部署、市町村長、市町村のすべての関係部署、投票所の運営に携わり、今般の投票実施を可能にしたすべての人に感謝の意を表します。このような状況にもかかわらず、公衆衛生に関する指示、感染予防行動を厳守しながら、投票所に足を運んだフランス国民の皆さんに心から敬意を表します。私は今夜、第1回投票で当選した候補者の方々に祝意を表します。3万5,000の市町村のうち約3万が第1回投票で議会を構成することができました。しかしその一方で、集中治療業務に従事する医療関係者が事態の深刻さに警鐘を鳴らす中、大勢の人たちが公園や人でごった返す市場、閉鎖指令を守らないレストランやバーに集まっているのも見受けられました。結局、生活は変わらなかったかのようでした。

 私は今夜、このような態度を取って指示を無視したすべての人たちに、極めて明確に申し上げたいと思います。直近の動向が示すように若者も含めてだれひとり不死身ではありません、あなた方は自分を守らないばかりか、他人も守っていません。たとえ症状がまったくなくても、友人、両親、祖父母に感染させ、あなた方にとって大切な人たちの健康を危険にさらす恐れがあります。

 グラン・テスト地域圏、オー=ド=フランス地域圏、イール=ド=フランス地域圏では、医療従事者が命を救うために献身的かつ全力で闘っています。公衆衛生をめぐる状況が大幅に悪化し、医療機関や医療従事者に対する圧力が増大する中、われわれはすべての取り組み、すべてのエネルギー、すべての力を「感染拡大を抑える」という唯一の目標に集中させなければなりません。

 私は今夜、力を込めて再び申し上げます。感染予防行動、公衆衛生に関する指示を守ろうではありませんか。それが脆弱な人を守り、感染者数を抑え、集中治療業務の負担を軽減し、彼らが患者をよりよく受け入れ、よりよく治療できるようにする唯一の方法です。

 深刻な症状がなければ、かかりつけ医に相談しようではありませんか。緊急医療救助サービス(SAMU)を呼ばないように、高熱や呼吸不全の場合のみに病院に行くようにしようではありませんか。そうしなければ、一部の地域ですでに見られるように、押し寄せる重症患者の波に対処できなくなります。

 連帯精神と責任感を発揮しようではありませんか。われわれ一人ひとりが、日々接触する人の数を何が是が非でも抑えなければなりません。科学者たちがそう言っています。これは絶対的優先課題です。それゆえに私は専門家や現場の意見を求め、彼らの声と良心に耳を傾けた末、われわれの移動と接触を必要最小限に限定するため、措置を一段と強化することを決定しました。明日正午から少なくとも15日間、われわれの移動は極めて大幅に限定されます。

 それはすなわち屋外での集まり、家族同士や友人同士の集まりが、もはや許されなくなるということです。公園や通りを散歩したり、友人と再会したりすることは、もはやできなくなります。家庭以外でのこうした接触を最大限に制限するということです。フランス全土の至る所で、本土でも海外領土でも、必要なルートのみ、規律を守り、最低1メートルの間隔を取りながら、あいさつの握手もキスもせず、買い物に行くために必要なルートのみにとどめなければなりません。治療を受けるために必要なルート、もちろん、在宅勤務ができないならば通勤するために必要なルート、軽く運動するために必要なルート、しかしここでも友人や近親者と会ってはなりません。すべての企業はテレワークしやすくするように態勢を整えなければなりません。それが不可能なら、ウイルス感染予防策を順守させるため、すなわち従業員を守るため、明日から組織を適応させなければなりません。フリーランスであれば、自分自身を守らなければなりません。政府は今夜、私の演説を受けて、これらの新しいルールの形態を明確化します。これらのルールに対する違反はすべて罰せられます。私は今夜、極めて厳粛な気持ちで申し上げます。医療従事者の言うことに耳を傾けようではありませんか。「私たちを助けたいのであれば、自宅にとどまり、接触を制限する必要があります」。これが最も重要なことです。当然のことながら、今夜、私は新しいルールを課し、われわれは禁止措置を課し、検問もあるでしょう。しかし最良のルールは、皆さんが市民として、ルールを自らに課すことです。私は改めて皆さんの責任感と連帯意識に訴えます。

 こうした状況の中、私は元老院議長、国民議会議長、さらに歴代大統領に求めた意見を踏まえて、市町村議会選挙の第2回投票の延期を決定しました。首相は今日、国会に議席を有する各政党の党首にこれを伝えました。この決定は全会一致の合意を得ました。

 親愛なる同胞の皆さん、私はこれらの決定が皆さんの生活に与える影響を推し量ります。近親者と会うことを断念することは、断腸の思いです。日常の活動、習慣を停止することは、極めて難しいことです。そのことがつながりを保つこと、近親者に電話をかけること、近況を知らせること、近所の人たちと何かをすること、新しい世代間連帯を生み出すこと、私が先週の木曜日に皆さんに申し上げたように、深く連帯したままでいること、ここでもまた、刷新することを妨げてはなりません。

 私が皆さんに在宅を要請していることは分かっています。私は皆さんにこの状況の中で冷静を保つこともお願いします。ここ数時間、至る所でパニック現象が見られました。われわれ全員が責任感を持たなければなりません。偽情報が無分別に流布されてはなりません。自宅にとどまりながら、自分のマンションや家にいる近親者の世話をしてください。近況を知らせ、近況を聞いてください。本を読んでください、本質を見極める感覚を取り戻してください。われわれが生きる時代において、大事なことだと思います。文化、教育、物事の意味が重要です。パニックに陥ったり、あらゆるデマを信じたり、中途半端な専門家や物知りの言うことを信じたりしないようにしてください。われわれは今後も明確な発言、透明な情報を提供し続けます。とはいえ信じてください、私が皆さんにお願いする努力は、前代未聞であることは分かっていますが、状況が状況なのでそうせざるを得ないのです。

 われわれは戦争状態にあります、公衆衛生上の戦争状態です。確かにわれわれは軍隊と戦っているのでも、他国と戦っているのでもありません。しかし敵はそこにいます。目に見えず、つかみどころもなく、広がっています。総力戦で臨むことがわれわれに求められています。

 われわれは戦争状態にあります。政府と国会のすべての活動は、今では感染症との闘いに向けられなければなりません。昼夜を問わず、われわれがそれ以外のことに気を取られてはなりません。それゆえに私は年金改革をはじめとする、現在進行中のすべての改革を一時中断することを決定しました。政府が緊急に対応できるように、厳密に危機管理に属する分野に限り、オルドナンスによって法制化できるようにする法案を火曜日に閣議に提出します。この法案は木曜日、国会で審議されます。

 この法案が可及的速やかに可決されるため、またこのような時期においても民主主義の活動と国会の監視機能が継続するために、私は先ほど国民議会と元老院の両議長と会談しました。両氏に感謝申し上げるとともに、この場を借りて国会議員各位に感謝申し上げます。

 われわれは戦争状態にあります。私はすべての政治、経済、社会、市民活動に携わるすべての人々、すべてのフランス人に国民的団結の輪に加わるよう呼びかけます。この国民的団結によって、わが国は過去に多くの危機を乗り越えることができました。

 われわれは戦争状態にあります。国は気力、決意、連帯が求められる闘いの最前線に立つ人たち、町や病院の医療従事者を支援します。彼らはわれわれに要求する権利があります。われわれは彼らに手段を提供し、彼らを保護する義務があります。われわれはそこにいます。われわれは彼らにマスク、消毒用ジェル、必要なすべての物資を供給しなければなりません。そのことに留意し、今後も留意します。われわれは科学者とともに、マスクを優先的に病院のため、都市部や地方の医師のため、とりわけ今では危機管理の最前線に立つ総合医や看護師のために確保することを決定しました。マスクは明日の夜から、感染被害が最も深刻な25県の薬局に配給されます。その他の県には水曜日に配給されます。私は歯科医をはじめ、その他の多くの専門医のメッセージにも耳を傾けました。解決策は保健省とともに数時間内に見いだされる見込みです。

 われわれは医療従事者に対し、彼らの子どもを預かる義務もあります。最低限の預かりサービスが今日から託児所や学校で開設されます。われわれは彼らの移動と休息に平穏さを確保する義務があります。それゆえに私は明日からタクシーとホテルを、彼らのために動員できるようにすることを決定しました。国が費用を負担します。

 われわれはまさに戦争状態にあります。この時期において、国は今日最も感染被害が深刻な地域と同じく、明日被害が深刻になる地域も支援します。その意味で、私はグラン=テスト地域圏の住民と医療従事者に対し、われわれが患者の殺到と病院の飽和状態に直面する彼らを支援するために適宜対応することを保証したいと思います。彼らが何日も何日も体験していることを知っています、われわれは彼らと共にいます。そのために私は軍の衛生部隊の野戦病院を数日中にアルザス地方に展開することを決定しました。軍は最も被害が大きな地域の患者の搬送や、一部地域の病院の混雑緩和にも協力します。

 われわれは戦争状態にあります。先週の木曜日に皆さんに申し上げたように、われわれを守るため、ウイルスの拡散を抑えるため、さらに医療システムを守るためにも、われわれは今朝、ヨーロッパ諸国間で共通の決定を下しました。明日正午からヨーロッパ連合(EU)とシェンゲン圏に入る境界が閉鎖されます。具体的には、EU非加盟国とEUとの間のすべての旅行が30日間停止されます。現在外国に滞在し、帰国を希望するフランス人は、当然のことながら帰国できます。

 われわれがこの決定を下さなければならないのも、私が今夜皆さんに多大な努力をお願いするとともに、われわれが自分たちを長期にわたり守らなければならないからです。私は外国に在留するすべての国民の皆さんに、ここでもまた整然と、大使館または領事館に問い合わせるべきであること、われわれが希望者のために、必要なところに帰国支援を行うことを申し上げたいと思います。皆さんが理解したように、皆さんが気づいていたように、今般の未曾有の公衆衛生危機は人的、社会的、経済的な面で重大な結果をもたらします。この課題にもわれわれは取り組まなければなりません。

 私は感染拡大を抑えるため、皆さんに犠牲をお願いします。その犠牲が最脆弱者支援、企業存続、給与所得者およびフリーランスの生計手段を決して揺るがしてはなりません。われわれは最も不安定な人のため、最も困窮している人のため、孤立した人のために、主要な市民活動団体とともに、さらに地方自治体とその関係部署とともに、彼らが食事を得られるように、保護されるように、われわれが彼らに提供すべきサービスが確保されるようにします。

 経済活動については、フランスについては、規模の大小にかかわらず、いかなる企業も倒産のリスクにさらされることはありません。いかなるフランス人も、女性も男性も、無収入の状態に置かれることはありません。

 企業については、われわれは税金・社会保険料の納付猶予、銀行返済猶予への支援、銀行と契約したすべての銀行融資に対して国が行う3,000億ユーロ規模の保証に関する特別措置を導入します。最小規模企業については、状況が続く限り、困難に直面する企業は税金も社会保険料も全額免除されます。光熱費も家賃も支払いが猶予されます。

 加えて、だれも無収入の状態に置かれないように、給与所得者のためには、私が先週の木曜日に皆さんに申し上げたように、また政府が明確化に着手したように、部分的失業措置が大幅に拡大されます。企業経営者、商業者、手工業者のためには、国が出資する連帯基金が設立されます。首相は各地域圏にも出資するよう要請します。政府は明日から、これらすべての措置を明確化します。措置はニーズ、経済的実態、各分野ごとのニーズに応じて、当然のことながら適応させます。われわれはこの極めて厳しい時期に自国経済が守られるように、すべての労働者が購買力の面でも、生活の継続性の面でも、この安心感を持てるよう適宜対応します。

 親愛なる同胞の皆さん、フランスは極めて困難な時期を経験しています。だれも正確に先を見通すことはできません。日を追うにつれて、次々と問題が発生する中、科学者により示された見解と関連して、現場の経験が必要となりますし、われわれも順応する必要があります。われわれはこの時期において、治療についても取り組みを続け、前進を続けます。

 私は全国各地で複数のチームの献身的な取り組みによって、最初の希望が生まれていることを知っています。われわれはワクチンについても前進を続けます。私は定期的に皆さんに報告します。私は皆さんに毎回、これまでそうしてきたように、また政府がそうするように、状況の進展について真実を述べます。

 私は確信します。われわれが一丸となって迅速に行動すればするほど、われわれはこの試練を乗り越えられます。われわれが市民として行動すればするほど、医療従事者、消防士、市民安全に携わるすべての関係者が今日示しているのと同じ精神力、同じ愛国的献身をわれわれが発揮すればするほど、われわれはこの減速した生活からより早く抜け出せます。親愛なる同胞の皆さん、われわれは一致団結し、連帯することで、克服することができます、私は皆さん全員に責任感を持つこと、いかなるパニックにも陥らないこと、制約を受け入れること、それを負うこと、それを説明すること、それを自らに課すこと、われわれ全員がそれを自らに課します、特別待遇はありません、しかしこの点でも、パニックにも混乱にも陥らないことをお願いします。われわれは打ち勝つでしょう、しかし同時にわれわれはこの時期に多くのことを学ぶでしょう。多くの確信や信念が一掃され、問い直されるでしょう。われわれがあり得ないと思っていた多くのことが起こるでしょう。動揺したままでいないようにしようではありませんか。力強く行動しようではありませんか、しかしこのことを心にとどめておこうではありませんか。次の日、われわれが打ち勝ったとき、それは前の日に戻ることではありません。われわれは精神的により強くなっているでしょう、学んでいるでしょう、私も皆さんとともに、そこからすべての結果、すべての結果を引き出すことができるでしょう。

 個人的にも集団的にも、この時期に対処できる水準に自らを引き上げようではありませんか。

 親愛なる同胞の皆さん、私は皆さんのことを頼りにできることを知っています。

 共和国万歳、フランス万歳!

「私は今夜、極めて厳粛な気持ちで申し上げます。医療従事者の言うことに耳を傾けようではありませんか。『私たちを助けたいのであれば、自宅にとどまり、接触を制限する必要があります』。これが最も重要なことです。当然のことながら、今夜、私は新たなルールを課し、われわれは禁止措置を課し、検問もあるでしょう。しかし最良のルールは、皆さんが市民として、ルールを自らに課すことです。私は改めて皆さんの責任感と連帯意識に訴えます」

エマニュエル・マクロン大統領、2020年3月16日

命を救ってください、自宅にいてください - JPEG

 マクロン大統領は接触と移動を最小限に限定する措置を講じることを決定しました。移動制限措置は3月17日(火曜日)正午から少なくとも2週間、フランス全土で実施されます。移動は以下の場合を除いて禁止されます。移動には証明書を携帯する必要があります。

  • テレワークが不可能なため、自宅から職場まで通勤する場合
  • 許可された近所の商店で生活必需品を購入する場合
  • 医療者のもとに行く場合
  • 予防策の順守を徹底した上で 託児のため、または脆弱な人を助けるために移動する場合
  • 自宅周辺で、集合することなく、個人としてのみ運動を行う場合

 これらのルールに違反した場合は処罰されます。

新型コロナウイルス感染症対策、マクロン大統領のテレビ演説

最終更新日 20/04/2020

このページのトップへ戻る