ロイック・エンキン元駐日大使が死去 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省報道官は4月21日、ロイック・エンキン元駐日大使の死去に関する声明を発表しました。

 ヨーロッパ・外務省はロイック・エンキン氏のご家族と近親者の方々に衷心より哀悼の意を表します。

 ロイック・エンキン氏はフランス大使、外務次官を歴任し、わが国の外交に足跡を残しました。キャリアの最初と最後を、フランスの重要なパートナーであり、同氏にとっても大切な国であるイタリアで迎えました。在イタリア・フランス大使館が入るファルネーゼ宮でキャリアを終えるまで、インドネシア、日本、カナダでもフランス大使を務めました。

 われわれは信念の人だった故人の遺徳もたたえます。1973年、ミッテラン大統領の外交顧問として、チリのアジェンデ大統領に対するピノチェト将軍のクーデターで追われた600人近い政治活動家を迎え入れた在チリ・フランス大使館の勇敢な行動に関与しました。

 フランス、とりわけフランス外務省は、偉大な公僕を失いました。

最終更新日 21/04/2020

このページのトップへ戻る