モンシャラン副大臣がEUヨーロッパ問題大臣テレビ会議に出席 [fr]

 アメリー・ド・モンシャラン・ヨーロッパ問題担当副大臣は4月22日、テレビ会議形式で行われたヨーロッパ問題大臣非公式会合に出席しました。

 ヨーロッパ連合(EU)首脳会議を翌日に控える中、各国大臣は新型コロナウイルス感染症(Covid-19)危機に対するEUと各加盟国の対応について意見交換を行いました。

 今回の会合では、危機脱却とその後の準備のために必要な集団的努力をめぐり意見を交わすことができました。モンシャラン副大臣は危機脱却の共通戦略を実行するとともに、野心的な経済再生計画の策定に直ちに取り組む重要性を強調しました。さらに加盟国が危機対応で講じた措置について、法の支配と基本的人権の尊重を注視するよう呼びかけるとともに、ヨーロッパ委員会が着手した行動を支持しました。

 モンシャラン副大臣は、ヨーロッパの将来に関する会議の枠組みを利用して、危機後に関する考察を始めるというフランスの希望を改めて表明しました。この会議によって、ヨーロッパをより連帯した、より対応力のある、より主権を有した、特に最重要分野において戦略的自律性を備えたものにする手段をめぐる議論に市民が参加することができます。

最終更新日 23/04/2020

このページのトップへ戻る