多国間主義アライアンス「新型コロナウイルス感染症と闘うには強力な協力と連帯が必要」 [fr]

 新型コロナ危機が国際協力と多国間システムにさまざまな課題を突きつける中、多国間主義アライアンス閣僚級会合が4月16日、フランスとドイツの外務大臣の共同議長の下、テレビ会議形式で開催され、28人が出席しました。会合後に採択された共同声明は、すでに54カ国によって署名されています。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)は、多国間主義の力の発揮を求めています。各国はウイルスの即時的かつ破壊的な影響に対処しようと、国境閉鎖を含む未曾有の行政措置を取りました。しかしウイルスに国境はありません。すべての国に影響が及んでいます。われわれが共有する人間性は、われわれを結びつけ続けなければなりません。多くの人命を奪い、社会に打撃を与えているこの世界的なパンデミックとの闘いには、拡大され、強化された国際協力と地球規模の連帯が必要です。

 このパンデミックを阻止し、克服するには、協力、透明性、科学に基づく国際的な協調対応が必要です。われわれは特に保健システムの整備が不十分な開発途上国、後発開発途上国、紛争国をはじめ、すべての国に重くのしかかる重大な脅威と、難民・避難民が直面する特別なリスクを懸念します。

 われわれはパンデミックが万人の到達し得る身体的、精神的に最も健全な状態を享有する基本的権利に対する重大な脅威であることを認識します。同時に、緊急事態において民主主義と法の支配の原則を堅持することが最も重要です。われわれはすべての国に対し、この脅威に対処するために講じられたすべての措置が必要かつ相応であり、正当な目標をめざし、時限的かつ非差別的であり、人権を含めた国際法を順守することに徹底して留意するよう呼びかけます。ジェンダー平等に基づくアプローチの採用は極めて重要です。非差別的政策については、われわれは人間の尊厳および人権が危機対応の中心であり続けなければならないこと、今般の対応が包括的かつ人間中心でなければならないことを改めて表明した国連人権高等弁務官の3月6日付声明を支持します。

 COVID-19危機は、多国間機関がわれわれの健康、繁栄、集団的安全保障のためにどれほど重要であるかを示しました。われわれは保健衛生に関する国際的対応を調整する世界保健機関(WHO)と、国連全体、世界銀行、その他の国際機関や地域機関が危機のより広範な社会的、経済的影響に対し、調整された一貫性のある世界的対応を実行するために展開した努力を全面的に支持します。

 われわれは国連事務総長のアントニオ・グテーレス氏が発した全世界的な即時停戦の呼びかけを断固支持します。武力紛争に終止符を打ち、戦闘を即時停止させ、この最も重大な地球的課題である新型コロナウイルスと闘うことに全精力と全リソースを注ぐ時が来ました。われわれは命を救うために必要不可欠な役割を果たす医療従事者と人道支援従事者に衷心より感謝の意を表するとともに、彼らが命を救うという使命を遂行するために必要な条件を堅持し、守ることを約束します。われわれは最も脆弱な立場にある人々を守るという市民社会の著名人の決意に感謝の意を表します。われわれはCOVID-19感染拡大の人道的側面を考慮に入れるべく講じられた措置を支持します。われわれはCOVID-19と闘うための国連の世界的な人道支援計画に参加しながら、自らの役割を果たす用意があります。われわれは国連事務総長が危機の社会的・経済的影響に対処する低・中所得国を助け、その復興を支援し、危機対応における協調と協力の強化をめざす努力を支えるため、これらの国を対象にCOVID-19対応・復興基金を立ち上げたことを歓迎します。

保健医療の課題:今では感染症に起因する最も緊急性の高い医学的、経済的、政治的困難に重点を置かなければなりません。われわれは特にWHOが感染症に対する公衆衛生対応の調整で果たす役割について、責任を共有し、COVID-19の影響に対する国際的連帯を拡大するために国連が発した呼びかけを支持します。われわれは世界中の保健システムを強化することも含めて、感染症に対処するために十分な資金を確保するよう努めます。われわれは治療薬とワクチンが入手可能になったとき、これらへの普遍的アクセスを可能にする対応のための行動を支援します。公正で公平な分配が決定的となります。われわれは開発される可能性がある治療薬とワクチンの普遍的供給に集中することを提案するとともに、COVID-19に対する集団免疫をグローバル公共財として認めます。

財政の課題:われわれは最も脆弱な立場にある人々に特別な注意を払いながら、パンデミックを阻止し、人々を守るため、適切な資金を確保するよう務めます。われわれはWHOの戦略的準備・対応計画と、パンデミックと闘うために必要なツールの特定と開発に自発的に取り組む保健分野の関係団体、例えば感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)、GAVIワクチンアライアンス、ユニットエイド、世界エイズ・結核・マラリア対策基金(グローバルファンド)を支援するためにリソースを提供することを約束するとともに、すべての国、国際機関、民間部門、慈善団体、人々に対し、これらの努力に貢献するよう呼びかけます。われわれはパンデミックによる経済のリスクが最も高い国を支援し、強靭性を向上させるため、すべてのステークホルダーとともに引き続き努力します。

インフォデミックの課題:偽情報は人々の生活を危険にさらし、効果的な公衆衛生対応に対する障害となります。われわれはすべての国に対し、理解しやすく、入手しやすい、事実に基づく情報をリアルタイムに提供し、周知するとともに、自由で独立したメディアへのアクセスを保護し、促進し続け、信頼できる正確な情報を交換する自由を促進するよう呼びかけます。われわれはプラットフォーム上で不正な情報を検出し、それに的を絞り、信頼できる情報を優先させるため、行動を強化しているWHOとインターネット仲介事業者の努力を支持します。われわれは信頼できる方法で社会に情報を提供し続け、人々の健康を守り、誤情報や悪質な情報を未然に防ぐことを可能にしているジャーナリストとメディア従事者の仕事に敬意を表します。われわれは特に感染症や感染症対策に関する偽情報をはじめ、故意に欺くことを意図した誤情報や操作された情報の拡散によって生じ得る、または生じた被害に対する懸念を表明します。われわれは偽情報、プロパガンダと闘わなければなりません。信頼できる情報と自由で独立したメディアへのアクセスは、透明性と責任を推進し、不正な情報と闘い、パンデミックと闘うために政府によって講じられた措置に対する人々の信頼と支持を促進する上で極めて重要です。われわれは一部の国が不当な制限を実施するため、または病気の感染拡大に関する極めて重要な情報を社会に提供することを拒むため、今般の危機を利用しようと試みたことを懸念します。われわれは事実に基づくメッセージを促進するために手を携えて努力しなければなりません。

予防の課題:われわれは今般の危機の長期的な影響も取り扱わなければなりません。世界は次のパンデミックに対処する準備がよりよくできていなければなりません。われわれは特にWHO、その他の国連諸機関、保健を担当する他の国際機関に支援を提供しながら、世界中の保健システムを支援することに専念します。COVID-19パンデミックは、われわれを世界的な健康安全保障システムの強化に向かわせなければなりません。われわれは新たなパンデミックのリスクを減少させるため、WHOが定めた「一つの世界、一つの健康」アプローチを促進しなければなりません。われわれはパンデミックのリスクに対する準備と対応を改善するため、不備を洗い出すWHOの努力を支援します。多国間システムは「より迅速に回復する」ために適合され、改革されなければなりません。われわれはWHO、国際通貨基金(IMF)、世界銀行グループ、国連のすべての関係機関、保健を担当する国際機関に対し、とりわけ民間部門と連携しながら、新興国・開発途上国がCOVID-19の流行に起因する保健、経済、社会各分野のショックに対処するのを助けるため、行動の調整を強化するよう呼びかけます。われわれはパンデミックのリスクに対する準備と対応に関する世界的なイニシアティブの立ち上げに向けて、不備を特定するWHOの努力を支援します。

経済の課題:今般の危機を効果的に管理できるようにするため、医療資材、農産品、その他の財・サービスの国境を越えた貿易を継続することは、供給と総需要に対するショックを軽減させるのを助け、適切な時期に経済再開を可能にするために極めて重要です。それゆえにわれわれは、特に必要不可欠な場合を除いて介入を控え、的を絞った、慎重で、透明性が確保された、一時的な措置のみを講じ、世界貿易機関加盟国としての義務に従いながら、国境を越えた貿易とグローバルサプライチェーンの中断を抑えることに留意します。

 「より迅速に回復する」ための努力において、われわれ共通のロードマップは2030アジェンダ、その17の持続可能な開発目標、パリ協定であることに変わりはありません。われわれはガーナ、インドネシア、リヒテンシュタイン、ノルウェー、シンガポール、スイスが共同提案した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)との闘いにおけるグローバルな連帯に関する国連総会決議74/270の全会一致による採択を歓迎します。

 COVID-19の流行によって引き起こされた未曾有の事態に直面する中、われわれはパンデミックを抑制し、感染拡大を阻止するために力を結集しなければなりません。多国間主義アライアンスは国連、WHO、その他の国際機関がこの同じ目的で講じた措置を支援する決意です。われわれは世界保健システムの最も弱い輪と同じ強さです。連帯して行動すること、より強く、よりよく保護されたグローバルなシステムを構築し、国際協力を強化することが、この人類に対する脅威に打ち勝つことができる唯一の道です。

最終更新日 14/05/2020

このページのトップへ戻る