オンライン哲学対話の週末 [fr]

 日仏対話「批判すること、解放すること」と第8回哲学の夕べ「植物の生」が6月27日(土)と28日(日)、オンライン形式で開催されます。

JPEG

 アンスティチュ・フランセ日本は、新型コロナウイルスの影響で日仏討論会を従来通りの方式で開催することが困難なため、6月からオンライントークイベントを開催することになりました。

 第1弾として、哲学をテーマにしたトークイベントを6月27日(土)と28日(日)に開催します。

オンライン日仏対話「批判すること、解放すること」

6月27日(土)16時~17時30分
パネリスト(敬称略):マリオン・ジュネーヴル(哲学エージェンシー「タエ」共同創業者)、梶谷真司(東京大学教授)、古野香織(日本シティズンシップ教育フォーラム副代表)

 そもそも批判精神とは何でしょうか?その起源は?批難精神とは何が違うのでしょう?批判精神はどのように養うのでしょうか?批判精神は解放に不可欠な条件なのでしょうか?これらの問いかけを通して、パネリストが常識や固定観念にとらわれることなく考えるよう促し、日常生活における哲学の重要性を明らかにします。朝日新聞DIALOGとの共催で開催され、参加者が質問や意見をリアルタイムに投稿できるインタラクティブなイベントです。詳しくはアンスティチュ・フランセ東京のホームページをご覧ください。

第8回「哲学の夕べ」オンラインエディション「植物の生」

6月28日16時より

 今回のテーマは、哲学者エマヌエーレ・コッチャ氏の著書『植物の生』です。邦訳(『植物の生の哲学:混合の形而上学』、嶋崎正樹訳)が昨年、勁草書房から刊行されました。普段は哲学的思考の対象にならない世界を探求し、私たちが住む世界や生命に対する新しい考え方に目を開く機会になります。コッチャ氏は自著を紹介した後、哲学者の星野太氏の質問に答えます。続いて星野氏が、ここでの考察を踏まえて、『植物の生の哲学』に通底する作品を制作する写真家の山本渉氏と対談します。日本人デザイナーたちがコッチャ氏の文章から想を得て制作した新作を公開するオンライン・ポスター展も開催されます。企画・コーディネートはグラフィックデザイナーのグレゴリー・アンボス氏。詳しくはアンスティチュ・フランセ東京のホームページをご覧ください。

 自由をめぐる多くの問題を提起し、環境問題の死活的重要性を再認識させているコロナ危機を反映して、これらの考察は特に今日、一段と共感を呼んでいます。

 トークイベントは一般公開、無料、日本語通訳付きです。

 大勢の皆さまのご参加をお待ちしています。

最終更新日 15/06/2020

このページのトップへ戻る