マリ情勢 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省報道官は6月22日、マリ情勢に関する声明を発表しました。

 マリが現在遭遇している社会的・政治的危機について、フランスはヨーロッパ連合(EU)上級代表が表明した懸念を共有します。EU、アフリカ連合、国際連合、西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)は、デモの平和的性質を歓迎するとともに、すべての関係者に対話と自制を呼びかけました。

 フランスは危機脱却のための提言を示したECOWASの努力を支持します。さらにマリ当局に対し、政治的雰囲気を和らげる措置を速やかに講じるよう促します。

最終更新日 23/06/2020

このページのトップへ戻る