新副大臣を任命 [fr]

 フランス大統領府は7月26日、新副大臣任命に関する声明を発表しました。

 フランス共和国大統領は、首相の提案に基づいて、内閣の構成を変更するデクレを発令しました。

 以下の副大臣が任命されました。

  • 首相付
    ソフィー・クリュゼル、障害者担当
  • ヨーロッパ・外務大臣付
    ジャン=バティスト・ルモワンヌ、観光・在外フランス人・フランコフォニー担当
    クレマン・ボーヌ、ヨーロッパ問題担当
  • エコロジー移行大臣付
    ベランジェール・アバ、生物多様性担当
  • 国民教育・青少年・スポーツ大臣付
    ナタリー・エリマス、優先教育担当
    サラ・エル・アイリ、青少年・参画担当
  • 経済・財務・復興大臣及び国土結束・地方自治体関係大臣付
    セドリック・オ、デジタル移行・電子通信担当
  • 経済・財務・復興大臣付
    オリヴィア・グレゴワール、責任ある社会的連帯経済担当
  • 労働・雇用・社会復帰大臣付
    ローラン・ピエトラシェフスキ、年金・労働衛生担当
  • 国土結束・地方自治体関係大臣付
    ジョエル・ジロー、農村問題担当
  • 連帯・保健大臣付
    アドリアン・タケ、児童・家族担当

 フランス共和国大統領は2020年7月29日(水曜日)10時、全閣僚と閣議を開催します。

関連記事

最終更新日 28/07/2020

このページのトップへ戻る