奥和登氏が農事功労章を受章 [fr]

 農林中央金庫の奥和登代表理事理事長が8月3日、ローラン・ピック駐日フランス大使により、農事功労章オフィシエに叙されました。

 奥氏は1983年に農林中央金庫に入庫、ピック大使が叙勲式で強調したように、模範的なキャリアを積み、2018年6月に同金庫の代表理事理事長に就任しました。奥氏は日本の農業界の支援と日仏関係の強化に貢献し、そのおかげで農林中金とフランスのクレディ・アグリコルは長年にわたって、強固なパートナーシップを維持しています。

 叙勲式は新型コロナウイルス感染予防対策を踏まえ、フランス大使公邸でごく少人数で行われました。クレディ・アグリコルを代表して、アントワンヌ・スィルジ在日代表が出席しました。

ローラン・ピック大使、奥和登氏、アントワンヌ・スィルジ氏
ローラン・ピック大使、奥和登氏、アントワンヌ・スィルジ氏
© 在日フランス大使館
奥和登氏とローラン・ピック大使
奥和登氏とローラン・ピック大使
© 在日フランス大使館

最終更新日 04/08/2020

このページのトップへ戻る