イラン、ナヴィド・アフカリ氏の死刑執行 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は9月13日、イランで前日に行われたナヴィド・アフカリ氏の死刑執行を非難する声明を発表しました。

 フランスは2020年9月12日にイランで行われたナヴィド・アフカリ氏の死刑執行を非難します。

 フランスは表現の自由、平和的デモの自由、だれもが公正な裁判を受ける権利を重視する立場を改めて表明します。

 フランスはいかなる場所でも、いかなる状況下でも、死刑に反対する一貫した立場を重ねて表明します。フランスは不当かつ非人道的で、効果的ではないこの刑罰の普遍的廃止に断固として取り組み続けます。さらにすべての死刑存置国に対し、最終的な廃止に向けたモラトリアム(執行停止)を確立するよう呼びかけます。

最終更新日 14/09/2020

このページのトップへ戻る