アフガニスタン和平交渉が開始 [fr]

 フランスのヨーロッパ・外務省は9月12日、アフガニスタン和平交渉の開始に関する声明を発表しました。

 アフガニスタン和平交渉が本日(12日)、ドーハで始まりました。

 アフガニスタン和平プロセスは、紛争とテロの被害者のために、正義の要請に応えなければなりません。

 フランスは加えて、このプロセスが包摂的であり、女性の実質的参加を確保し、共和制ならびに2001年以降に民主主義と人権の分野で獲得されたものを保証することを極めて注視します。2020年5月29日のヨーロッパ連合(EU)理事会は、アフガニスタンに対するEUの政治的・財政的支援が、とりわけこれらの鍵となる原則の遵守により条件づけられることを改めて示しました。

 国連安全保障理事会決議第2532号(2020年)で規定されているように、さらに新型コロナウイルス感染症のパンデミックという状況の中で、即時の人道的停戦が必要不可欠です。特に女性や子どもをはじめとする一般市民の保護はもとより、医療従事者や人道支援従事者の保護は、絶対的優先課題でなければなりません。

 フランスは当事者の要請に応じて、和平プロセスを支援する用意があります。さらにアフガニスタンおよび国際的なパートナーの側に立って、アフガニスタン国民の安全とアフガニスタンの経済的・社会的発展のために積極的関与を続けていきます。

最終更新日 14/09/2020

このページのトップへ戻る