2020年フランス経済魅力度 [fr]

 「フランス魅力度スコアボード2020」によると、フランスは投資、研究活動、産業投資の受け入れ国としてヨーロッパで首位です。

 今般の調査では、デジタル経済、気候変動対策、資本へのアクセス、労働コストの面でもフランスの魅力が明らかになりました。

 ビジネスフランスとフランス経済・財務・復興省国庫総局が公表した「フランス魅力度スコアボード2020」は、13カ国との比較に基づいたフランスの魅力度を示す指標に関する幅広い経済データをまとめたものです。

確固たる構造的な強み

 最新のスコアボードはインフラや電気通信、賃金労働者の生産性、電気代に加えて、ヨーロッパにおける地理的位置と国内市場規模による市場潜在力など、フランスの確固たる構造的な強みを際立たせています。

 これらの強みによって、フランスはイギリスやドイツを抑え、投資受け入れ国としてヨーロッパで首位になりました。今後見えてくる可能性がある新しいグローバル方程式において、フランスが研究開発活動と産業投資の受け入れ国としてもヨーロッパ首位であることは極めて重要な意味を持ちます。

新型コロナウイルス感染症に直面する企業を支援するための効果的な政策

 フランスは積極的な政策とパンデミックに対する効果的な対応によって、自国の経済構造を支え、経済成長を迅速に回復させる能力を示しました。経済活動は2020年第3四半期に、経済協力開発機構(OECD)加盟国の9%増に対し、18.7%増と急回復を遂げました。フランスは自国経済の転換に向けた活動を強化しました。フランス復興計画は投資、イノベーション、産業の現代化を支援するための異例の手段を投入して実施されます。

 「このグローバルなパンデミックに対する経済対応は極めて重要でした。危機脱却を先取りすることも重要です。昨年9月に発表されたフランス復興計画は、エコロジー転換、工業生産、技術イノベーション、職業教育など、明日の経済と雇用を生み出すあらゆるものに投資します。われわれはバイオテクノロジーや無炭素エネルギーのような分野で、新しい卓越した産業も創造するつもりです。この計画によって、われわれは我が国の魅力を一層強化し、将来性のあるすべての分野でフランスをトップにすることができます」とブリュノ・ル・メール経済・財務・復興大臣は強調します。

外国投資家の期待に応えるフランス

 今般の魅力度スコアボード2020は、最近実施されたアンケート調査に答えた外国投資家の期待にフランスが応えることができることを示しています。

  • 経済のデジタル化の強化
  • 気候変動対策
  • 資本へのアクセス
  • 労働コスト削減
出典:ビジネスフランスのプレスリリース「フランス、強化された魅力のための確固たる強み」(2020年12月10日)
PDF - 5.8 Mb
See the full France Attractiveness Scoreboard 2020
(PDF - 5.8 Mb)
PDF - 140.2 kb
フランス魅力度スコアボード2020-主な指標(英語)
(PDF - 140.2 kb)

最終更新日 21/01/2021

このページのトップへ戻る