第6回グード・フランス2021、明日の美食に向けて [fr]

 今回で6回目を迎える国際的な美食イベント「グード・フランス2021」が開催されます。持続可能な移行に向けて飲食業界を支援するとともに、人、健康、環境、味覚教育の各面で、より責任ある美食の広報大使という新しい役割を担うシェフたちをサポートすることが目的です。

 本イベントでは、明日の美食を日々つづるシェフたち-味覚と価値観の伝達者-のノウハウや信条を数カ月にわたって広めていきます。地球とその豊かさを守るという次世代への普遍的なメッセージを伝える、繊細で、意識の高い、力強い美食です。

 グード・フランス2021は最も美しく、最も豊かなレストラン業の世界を祝いながら、とりわけサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏議会、同地域圏観光委員会と協力して、この地方の料理文化遺産(地場産品、伝統的なノウハウ)をはじめ、フランスの美食を世界中に紹介します。

 より「グリーン」でより連帯感のあるグローバルな美食へのコミットメントを促進する決意に基づき、今回は世界5大陸にある複数のフランス大使館・領事館で「フランス式ディナー」を準備して提供するため、フランス中部各地からシェフを動員します。

 感動、交流、共有のひとときの中心には、ヴァル・ド・ロワールの地場産品の大いなる豊かさと、農業者、ブドウ栽培者、野菜栽培者、漁業者、収穫者など、この唯一無二の郷土の豊かさを生み出す人々の心があります。

 グード・フランスの開催期間中を通して、サントル=ヴァル・ド・ロワールの大勢のシェフの支援を得ながら実施される数多くのイベントを通して、単一性と多様性を併せ持つこの地方の文化遺産を国際的に広めることをめざします。

サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏に注目

 他に類を見ない自然遺産に恵まれたサントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏は才能の地でもあります。ルネサンス期の歴代国王の食卓で生まれた郷土の美食は、土地、森林、自然豊かな風景の中を流れる河川の豊かさをたたえる叙情詩です。フランスの庭と呼ばれるサントル=ヴァル・ド・ロワールで何世紀にもわたって練り上げられたたぐいまれな生活美学は、今日もなお観光経済の誇りと魅力を生み出すフランス式卓越性の見本です。

 地元の文化的生活と切っても切れないサントル=ヴァル・ド・ロワールの美食は、この地方の歴史的な名声を築き上げたあらゆる芸術の創造性と大胆さをたたえる祭典「ヌーヴェル・ルネサンス2021」の新しい充実したイベントシーズンの中心を占めます。この新しい文化シーズンのプログラムには、ヴァル・ド・ロワールの美食とワイン栽培の関係者を招いた対談やイベントがいくつも予定されています。

 これらのイベントはグード・フランス2021のプログラムと緊密に連携して、あらゆるものを地元の歴史と資源からくみ取りながら、責任ある、持続可能な、この地方の生活美学の体験を地域全体に提供することを目的とします。例えば地場産品、生産者、会食の喜び、共有、エシカル飲食業、ごみゼロ料理、継承、味覚教育などに関するものです。2021年は美食の「ルネサンス」と環境に優しい美食に向けた新たな課題がテーマです。

グード・フランス広報大使、積極的に活動する地元のシェフ、クリストフ・エ

JPEG - 54.6 kb
Christophe Hay
©Julie Limont

 ヴァル・ド・ロワールと地元の逸品の広報大使を務めるシェフのクリストフ・エにとって、故郷の風景はインスピレーションの源です。「地元のヴァル・ド・ロワールを思うとき、大きな川、小さな川、池、森、田園や野菜畑、城館、農場、ブドウ畑、野生の動物や植物など、多くのイメージが走馬灯のように浮かびます」

 ヴァンドーム市出身のシェフは日々、地元の生産者と手を携えて働きながら、郷土の豊かな地方色や文化遺産に光を当て、広く知ってもらおうと、地元の旬の食材を使った美食を提供しています。ロワール川の魚を再評価し、ソローニュ産ジビエを引き立たせ、自分の菜園で採れたさまざまな古来種野菜を活用するなど、シェフの料理に対する思いはお皿の中だけにとどまりません。最近ではエシカルで持続可能な取り組みが認められ、美食ガイド「ゴ・エ・ミヨー」から「2021年のシェフ賞」を授与されました。

 変革の美食を擁護するクリストフ・エは、若者を対象にした味覚の継承と教育も優先課題として掲げています。仲間から優良な産物への情熱と敬意を学んだ彼は、地元の関係諸機関の支援と協力を得ながら、自らの時間と活動の一部を割いて、サントル=ヴァル・ド・ロワールの次世代に地場産品や自分たちを取り巻く世界への意識づけを図る啓発活動を行っています。

JPEG - 256.2 kb
Carpe "à la Chambord"
©La Maison d’à Côté
 グード・フランス2021はヨーロッパ・外務省とアラン・デュカスの主導のもと、サントル=ヴァル・ド・ロワール地域圏の協力を得ながら、飲食関連産業全体を支援する一連のイベントを通して、フランスの美食と国内外の関係者を祝うために開催されます。

最終更新日 12/10/2021

このページのトップへ戻る