パリ2024が今秋、パラアスリートとの交流イベントをパリで開催 [fr]

 パリ2024夏季パラリンピック競技大会が2年後の2024年8月28日、フランスで開幕します。パリ2024組織員会はお祭りムードあふれる包摂的な大規模スポーツイベントの開催準備の一環として、2022年10月8日の最初のパラリンピックデーにプレイベントを開催します。

広く開かれた大会、パラリンピック競技大会に向けたパリ2024の野心

 パラリンピック競技大会はすでに世界最大級のスポーツイベントです。数百万人の観客が集まる一方、世界中で数億人の視聴者がテレビで観戦します。パリ2024はこの競技の盛り上がりと認知度向上を後押しすることに強くコミットしています。

 パリ2024のオリンピック競技大会とパラリンピック競技大会に同一エンブレムを史上初めて採用したことや、2022年7月26日に共通のスローガン「広く開かれた大会」を披露したのもその表れです。

 パリ2024はパラアスリートとパラスポーツに、これまでになく格調高い競技会場を提供します。例えば、グラン・パレ(車いすフェンシング、パラテコンドー)、アンヴァリッド(パラアーチェリー)、ヴェルサイユ宮殿(パラ馬術)、エッフェル塔スタジアム(ブラインドサッカー)などです。

2022年10月8日のパラリンピックデーにプレイベント開催

 パリ2024組織委員会、スポーツ・オリンピック競技大会・パラリンピック競技大会省、フランス・パラリンピック・スポーツ委員会(CPSF)、パリ市は2022年10月8日のパラリンピックデーに、この祭典への一般の観客の期待を高めるため、パリ中心部の1会場で丸1日、パラリンピック競技大会を実演を通して紹介するイベントを開催します。

 フランス内外のアスリートがパラリンピックの幅広い種目を紹介する、だれでも無料で参加できるスポーツの1日です。

 パラアスリートのパフォーマンスに光を当て、一般観客の目の前で世界記録が破られるかもしれないスポーツ競技の1日です。

 開放的な雰囲気、出会いと発見に満ちた、文化・芸術イベントが目白押しのお祭りムード一杯の1日です。

 パリの中心で障がい者にスポットライトを当てる、誇り、エネルギー、信念の1日です。

Athlètes paralympiques - JPEG

最終更新日 11/10/2022

このページのトップへ戻る