日仏高等学校ネットワーク「コリブリ(COLIBRI)」 [fr]

 このネットワークは日本語教育を行うフランスの高等学校と、フランス語教育を行う日本の高等学校との間で交換留学を実施、連絡調整を行っています。

ネットワークの活動

 日本ではフランス語教育が150校の高等学校で行われ、約1万人の生徒が学んでいます。他方、フランスでは日本語教育が約30校で行われ、3,000人近くが学んでいます。

 現在、コリブリ憲章(フランス語および日本語)に署名した加盟校は日本側29校、フランス側32校を数えます。

 交換留学は短期(3週間)と長期(1学年)の2種類があります。長期滞在では、日本人留学生は帰国時に次学年への進級を認める一定数の単位を取得することができます。フランス人留学生は東京国際フランス学園の支援を得て、国立遠隔教育センター(CNED)の教育を受けなければなりません。生徒は留学先の教育機関とホストファミリーに受け入れられ、相手校の授業を受けます。

 この交換留学プログラムと並行して、教員交流の可能性も追求しています。

 コリブリは教育交流の発展にも寄与しています。例えば、ビデオ会議(川崎市のカリタス女子中学高等学校、パリ市のリセ・ジャン=ド=ラ=フォンテーヌ校、ボルドー市のフランソワ・マジャンディ校の間で、すでに成功裏に実施)、電子メールによる連絡、与えられたテーマに沿った研究成果の相互発表などが挙げられます。

 さらにネットワークを活用した文化交流も検討しています。

 ネットワークの調整役は、日本側が早稲田大学高等学院フランス語教諭の中野茂先生、フランス側がリセ・ワトー(フランス北部ノール県ヴァランシエンヌ市)日本語教諭のオード・スガイ先生が務めています。

関連リンク

メディア紹介例

TV5モンド「デスティナシオン・ジャポン」(フランス語)
2018年1月27日
TV5MONDE : "Destination Japon" - JPEG
 日本人のマコさんとフランス人のマドリーヌさん、お互いの文化と言語にどっぷり浸かる経験をした2人の女子高生を取材した番組。日仏高等学校ネットワーク「コリブリ」は、加盟校の教諭に支えられながら、日仏の高校生の交換留学を毎年実施、若者たちにフランス語と日本語で話す機会を提供しています。
 
 
 
 
世界におけるフランス語「フランス語は魔法の呪文」(フランス語)
2018年1月15日
Le français dans le monde : "Le français est une formule magique" - JPEG
 「私にとってフランス語は、世界への扉を開く魔法の呪文です」

 中野茂氏は異色のフランス語教諭です。フランスに3年間留学後、彼を魅了した体験を共有するため、日本に帰国しました。留学中に発見した多様性や新しい世界観を生徒たちに伝えています。コリブリの日本側調整役として、フランスの提携校での3週間の交換留学に、毎年60人の日本人高校生を送り出しています。

最終更新日 10/04/2018

このページのトップへ戻る