リコーの桜井正光会長がレジオン・ドヌール勲章オフィシエを受章

株式会社リコーの桜井正光会長が9月20日、レジオン・ドヌール勲章オフィシエを受章しました。

リコーは日本企業の対仏投資で第1位、約5,000人の現地雇用を創出しています。同社は20年前にフランス東部のアルザス地方に生産拠点(従業員1,200人)を設立し、販売網を着々と広げて、今日ではフランスやヨーロッパで業務用コピー機のトップメーカーの地位を占めています。

桜井氏は1966年にリコー入社、1996年から2007年3月まで同社社長を務め、フランスのリコーグループの飛躍に大きく貢献しました。

dernière modification le 17/01/2019

haut de la page