日経の杉田亮毅社長がレジオン・ドヌール勲章オフィシエを受章 [fr]

日本経済新聞社の杉田亮毅社長が12月14日、レジオン・ドヌール勲章オフィシエを受章しました

JPEG - 100.3 kb
日経の杉田亮毅社長とジルダ・ル・リデック駐日フランス大使

杉田亮毅氏は1961年に横浜国立大学経済学部を卒業し、日本経済新聞社に入社。編集局経済部長(1984年)、取締役(1990年)、副社長(2000年)を経て、2003年に社長に就任しました。

日本経済新聞社はフランスの重要なパートナーです。同社は多くの文化事業を通して、フランス文化を日本に紹介しています。なかでも、「華麗なる宮廷 ヴェルサイユ展」(2003年)、「モネ、ルノワールと印象派展」(2004年)、来場者が70万人を超えた「ナポレオンとヴェルサイユ展」(2006年)などが挙げられます。「オルセー美術館展 - 19世紀 芸術家たちの楽園」(2006-2007年)の大成功も記憶に新しいところです。

また、日経は在日フランス商工会議所と共同で、日仏フォーラムを定期的に開催しています。このシンポジウムには、フランスから来日する要人が招かれます。2005年3月28日に開催された日仏フォーラム「持続可能な開発における日仏協力」には、ジャック・シラク大統領が出席しました。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る