ペイ・ド・ラ・ロワール地方への留学

ペイ・ド・ラ・ロワール地方に留学しませんか?

PNG - 1.6 kb

 フランス西部に位置するペイ・ド・ラ・ロワール地方は、ヨーロッパで最も長いロワール川やこのロワール川沿いに点在する古城の数々で有名なところです。また、フランスで最も充実した暮らしをしている地方はどこかという調査では同地方がトップを飾っており、ヨーロッパ全域に調査範囲を広げてもしばしばトップになっています。海に面しているこの地方は、経済的に活発であるとともに、ラ・フォル・ジュルネ」(ナントで行われるクラッシック音楽のイベント)、「ロワール河口展覧会」(造形美術)、ル・マン24時間耐久レースなど数々の有名な文化・スポーツイベントが開催されています。またロワール川沿いのサイクリングロードは「ユーロヴェロルート」というヨーロッパを横断する川沿いの自転車道路の一部となっています。

- 詳しい観光情報


数々の学生都市

 10万人以上の学生を抱えるペイ・ド・ラ・ロワール地方は、高等教育に関してはフランスで最も人気のある地方の一つです。あらゆる分野を学ぶことができる大学があり、また工学系と商業系グランゼコールが16校あります。中でも工学系のEcole Centrale de NantesEcole des Mines de Nantes、および経営専門の Ecole Audenciaが有名です。

主な大学拠点

  • 経済および学生都市 ナント

     4万7千人の学生が暮らすこの地方の中核都市であり、フランス西部一の学生都市でもあります。ナント大学のほか、いくつもの芸術の専門学校があります。ナント国立高等音学院(コンセルヴァトワール)はフランスでも有名であり、また、とても活気のあるナント美術学校は、現代技術と芸術の精神を融合させた教育を行っています。また国際交流面では、ナント市にあるグランゼコールは日本の有名大学と持続的な交流関係を築いています。

  • アンジュー(Anjou) の県都 アンジェ

     中世の街並みが残るアンジェは、フランス国内外の若者に人気があり、あらゆる分野の大学教育が学べるようになっています。特に法律、経営、健康、観光・ホテル業の専門教育、そしてウエスト・カトリック大学が提供するFLE(外国語としてのフランス語)の外国人学生向けの講座の質の高さに定評があります。

  • ル・マン

     ル・マン市は、積極的な若者受け入れ政策を実施しています。同市の青年課は、市在住の若者の日常生活、スポーツや休暇などのレジャー、アルバイトから部屋探しにいたるまですべてをサポートしています。メーヌ大学にはメーヌキャンパスとラヴァルキャンパス併せて8千人の学生がおり、様々な分野で学んでいます。また、この大学には最近、デジタル技術研究所も創設されました。

- ペイ・ド・ラ・ロワール地方の高等教育機関リスト(仏語)

最終更新日 16/01/2017

このページのトップへ戻る