千葉県警察本部長の五十嵐邦雄氏が国家功労勲章を受章 [fr]

 千葉県警察本部長の五十嵐邦雄氏が9月29日、フランス大使公邸で行われた叙勲式で、国家功労勲章コマンドゥールを受章しました。

JPEG - 174.1 kb
千葉県警察本部長の五十嵐邦雄氏 © Ambassade de France au Japon

 五十嵐氏は1978年に警察庁に入庁以来、交通局や警備局の要職を歴任、1997年に内閣官房長官秘書官に任命されました。1999年から宮崎県警察本部長、2001年から内閣情報調査室国際部主幹を務め、2002年に警察庁警備局に戻り、同局外事課長、警備企画課長を経て、2004年に静岡県警察本部長に就任。2006年からは警察庁長官官房審議官を務め、翌2007年に千葉県警察本部長に着任し、現在に至っています。

 五十嵐氏はその流暢なフランス語が示すように、フランスと長く深いつながりがあります。1982年、警察庁の行政官長期在外研究員としてフランスに派遣され、パリ政治学院で1年間講義を受けた後、国立行政学院に入学。在学中にパリ警視庁で数回にわたる研修を受けました。こうした経験を通して、フランスの政治・外交活動の良き観察者、理解者となりました。1989年、在フランス日本国大使館に一等書記官として赴任、3年間にわたり内政・公安問題を担当しました。

JPEG - 66.5 kb
千葉県警察本部長の五十嵐邦雄氏と、フィリップ・フォール駐日フランス大使 © Ambassade de France au Japon

 情報収集やテロ対策などに関する効果的な日仏協力においても、五十嵐氏は優れたカウンターパートナーとして力を発揮しています。これらの分野においては、両国の警察間で定期的かつ長期的に活発な実践交流が行われています。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る