建築家の坂茂氏が国家功労勲章を受章 [fr]

 建築家の坂茂氏が10月24日、フランス大使公邸で行われた叙勲式で、国家功労賞オフィシエに叙されました。

JPEG - 133.3 kb
建築家の坂茂氏
© Ambassade de France au Japon

 国家功労勲章はフランスに対して功績のあった人物に授与されます。

 坂茂氏が設計したポンピドゥー・センター・メスは、公立文化施設の地方分権化の先駆けとして、フランス建築界における象徴的な空間となっています。とはいえ、それは何よりもまず、極めて優れた建築的行為です。この卓越した建物は2010年5月12日にオープンし、今やフランスの建築名所の一つに数えられるようになりました。中国の帽子に着想を得て、伝統とハイテクを複雑に組み合わせた驚くべき木組みによる独創的な屋根など、その建築的な質の高さにひかれて、ポンピドゥー・センター・メスを一目見ようと訪れた入館者は、開館以来16カ月で100万人を突破しました。

 坂氏は1995年から2000年まで国連難民高等弁務官事務所のコンサルタントを務め、1995年にはルワンダ難民のために仮設住宅を構想し、さらに神戸、アンカラ、メキシコなどで発生した自然災害の被災者のためにも仮設住宅を建設しました。

最終更新日 12/04/2012

このページのトップへ戻る