山野正義氏が国家功労勲章を受章 [fr]

 学校法人山野学苑の山野正義理事長が6月27日、政財界や芸能界の著名人が出席する中、クリスチャン・マセ駐日フランス大使により、国家功労勲章コマンドゥールおよび芸術文化勲章オフィシエに叙されました。

JPEG - 143.8 kb
学校法人山野学苑の山野正義理事長
© Ambassade de France au Japon

 山野正義氏は日本美容界の先駆者である山野冶一・愛子夫妻の6人の子どもの長男として1936年に生まれました。学習院大学を中退して渡米。1958年にロサンゼルス市のウッドベリー大学政経学部を卒業。翌59年に同市のヤマノ・ビューティー・カレッジの副理事長、83年に同校理事長に就任しました。

 日本では1973年に学校法人山野学苑総括、91年には同学苑理事長に就任。今日、山野学苑(山野美容芸術短期大学、山野美容専門学校、山野医療専門学校)の卒業生は21万人を超えます。

 山野氏はフランスの美容ノウハウを教育に大きく取り入れ、フランス文化を普及しました。スターや王侯貴族を魅了した有名美容師アレクサンドル・ド・パリや、クリスチャン・ディオールと16年間組んで活躍したギヨームにも大いに示唆を受けました。

JPEG - 70.5 kb
山野正義氏とクリスチャン・マセ大使
© Ambassade de France au Japon

 山野学苑の生徒たちは同校の長い伝統である海外研修旅行を通して、フランスの芸術や文化に触れる機会に恵まれます。1976年以来、毎年600人から1,200人の生徒が旅行に参加し、これまで延べ2万5,000人がフランスを訪れました。一流美容師によるデモンストレーション、ルーヴル美術館やヴェルサイユ宮殿の見学に加えて、パリ・シャンゼリゼ通りのリドでディナーショーも体験します。山野氏は日仏間の教育文化交流への貢献が認められ、2003年にパリ市からも勲章を受章しました。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る