アラン・ベルナール氏が国家功労勲章を受章 [fr]

 BNB社のアラン・ベルナール社長が12月1日(土)、クリスチャン・マセ駐日フランス大使により、国家功労勲章オフィシエに叙されました。

JPEG

 アラン・ベルナール氏は1975年以来、日本に在住しています。神戸市近郊を拠点に貿易会社を設立、現在も社長を務めています。関西在住のフランス人社会で、鍵となる役割を長年果たしてきました。何よりもまず、在日フランス人協会関西支部の支部長として、この地方のフランス人社会において、推進役や情報伝達、援助などに熱心に取り組んでいます。さらに神戸日仏協会副会長として、これら2つの協会を結ぶ役割を担いながら、関西地方のフランス人や日本人が集うイベントなどの開催に深くかかわっています。

 一方、在京都フランス総領事館が大阪にあった当時から、選挙委員会、社会的援助領事委員会、奨学金委員会、安全委員会など、総領事館が開催するすべての委員会に出席しています。

 在日フランス人兵庫県地域会の有能で献身的な会長でもあります。1995年に阪神・淡路大震災に遭遇、被災地のフランス人を訪ねるために現地で仲介役を果たし、緊急支援物資の配給を手助けしたほか、被災したフランス人のための義援金配分委員会にも参加しました。こうした経験を踏まえて、安全委員会の作業時には極めて貴重な指針を与えました。そのほかにも総領事館の支援を得ながら、困難な状況にあるフランス人を援助するために、ボランティアで仲介役を務めています。

最終更新日 20/12/2012

このページのトップへ戻る