クリスチャン・ロメイヤー氏がレジオン・ドヌール勲章を受章 [fr]

 運用会社アムンディのクリスチャン・ロメイヤー国際部長が2013年6月25日、クリスチャン・マセ駐日フランス大使により、レジオン・ドヌール勲章シュヴァリエに叙されました。

JPEG - 156.8 kb
アムンディのクリスチャン・ロメイヤー国際部長
© Ambassade de France au Japon

 1977年の入行以来20年間、インドスエズ銀行(1995年以降は同行を買収したクレディ・アグリコル・グループ)に勤務しました。現在はクレディ・アグリコルとソシエテ・ジェネラルの子会社であるアムンディで国際部長を務めています。

 キャリア40年の4分の3をアジアで過ごしました。最初の赴任地はキンシャシャ、その後もジブチやジッダ、ヨハネスブルクなどへも赴任しましたが、キャリアの大半はシンガポール、香港、クアラルンプール、上海、台北などアジアでした。影響力のあるポストに就いたことで、アジア金融市場に精通することができました。

 当然のことながら日本にも13年間赴任しました。1999年以降、クレディ・アグリコル・グループのアセットマネジメント業務開発部長、アムンディの専務取締役を歴任しました。アムンディの日本子会社の発展を支えた立役者であり、同社を日本における資産管理分野のリーダー格に押し上げたことで、アムンディ・グループの事業の成功に欠かせない中心的人物になりました。

JPEG - 59.1 kb
ロメイヤー氏とマセ大使
© Ambassade de France au Japon

 アムンディはりそな銀行や静岡銀行などの日本の金融機関と実りあるパートナーシップを結びました。りそな銀行とのパートナーシップは、とりわけアムンディの資本参加という形で具体化しました。日本側との相互信頼に基づいたこれらの強固なパートナーシップが、日本におけるアムンディの発展に貢献したことは間違いありません。

 1997年よりフランス政府対外貿易顧問委員会委員を務めています。金融界と日本経済界に通暁するロメイヤー氏の助言は、2008年の金融危機の際に特に有益でした。ユーロ圏危機に対する日本の投資家の反応についても、的確な見解を示しました。

最終更新日 27/06/2013

このページのトップへ戻る