東洋アルミニウムの今須聖雄会長が国家功労勲章を受章 [fr]

 東洋アルミニウム株式会社の今須聖雄会長が4月9日、クリスチャン・マセ駐日フランス大使により、国家功労勲章コマンドゥールに叙されました。

JPEG - 255.4 kb
東洋アルミニウム株式会社の今須聖雄会長
© Ambassade de France au Japon

 兵庫県出身の今須氏は1965年、関西学院大学商学部を卒業後、東洋アルミニウム株式会社に入社しました。1980年よりスイス・ローザンヌのCEI(現IMD)に1年間留学し、MBAを取得。カナダのアルミ大手アルキャンのフランス子会社との合弁によるアルキャン東洋ヨーロッパ社の設立に伴い、同社に1985年から1990年まで出向しました。

 フランスに赴任中、アルキャン東洋ヨーロッパ社、現トーヤル・ヨーロッパ社のヴァレ・ダスプ(ピレネ=アトランティック県)にあるアクース工場を監督しました。帰国後、2003年に東洋アルミニウム株式会社社長、2011年に同社会長に就任しました。

 日本軽金属ホールディングス傘下の東洋アルミニウムは、アルミニウムのペーストや箔、粉末の世界トップメーカーです。これらの製品は自動車製造をはじめ、産業に欠かせない重要な素材で、最近では化粧品や食品包装などに応用され、新たな飛躍につながっています。同社の海外4拠点のうちの1つがあるフランスは、ヨーロッパひいては世界における事業展開の基盤となっています。同社の従業員数は約2,600人、そのうち140人がフランスで雇用されています。

今須聖雄会長とクリスチャン・マセ駐日フランス大使
今須聖雄会長とマセ駐日フランス大使
平林博元駐フランス日本国大使
ご家族、マセ大使と
元プロ野球選手の川藤幸三氏(左)、阪神球団の南信男社長と
国家功労勲章コマンドゥール

最終更新日 29/12/2014

このページのトップへ戻る