飯岡智名誉領事が国家功労勲章を受章 [fr]

 在仙台フランス名誉領事館の飯岡智名誉領事が4月15日、クリスチャン・マセ駐日フランス大使により、国家功労勲章コマンドゥールに叙されました。

JPEG - 186.8 kb
在仙台フランス名誉領事館の飯岡智名誉領事

 飯岡氏は宮城文化服装専門学校校長、小笠原流礼法総師範、青年海外協力隊を支援する会監事、みちのくYOSAKOIまつり大会会長、仙台・台南友好促進協会会長、文化服装学院同窓会すみれ会副会長を務めています。

 仙台日仏協会(1955年設立)・アリアンス・フランセーズの会員として、同団体に大きく貢献しています。2006年9月21日から在仙台フランス名誉領事館名誉領事を務めています。

 飯岡氏は2011年3月の東日本大震災後、フランス名誉領事として主導的な役割を果たしました。フランス民間安全部隊の救援隊の受け入れや滞在のために尽力したほか、緊急支援物資の輸送や「キャラバン・ボナペティ」と命名されたフランス料理シェフの炊き出し隊に協力しました。

 フランス政府要人(首相、 国民議会議長、運輸担当大臣)が2011年8月から10月にかけて、フランスを代表して日本国民に哀悼の意を表するために相次いで被災地を訪問した際も、その常に好意的かつ惜しみない協力は極めて貴重でした。2011年7月14日に福島県郡山市で開催されたフランス革命記念日祝賀レセンプションにも多大な貢献をしました。

飯岡智名誉領事とクリスチャン・マセ大使
マセ大使が飯岡名誉領事に国家功労勲章を授与
飯岡夫妻

最終更新日 29/12/2014

このページのトップへ戻る