イーグル工業の鶴鉄二社長が国家功労勲章を受章 [fr]

 イーグル工業株式会社の鶴鉄二代表取締役社長が10月27日、ティエリー・ダナ駐日フランス大使により、国家功労勲章コマンドゥールに叙されました。

JPEG - 201.2 kb
ティエリー・ダナ駐日フランス大使とイーグル工業の鶴鉄二社長

 イーグル工業は産業機械、自動車、船舶、宇宙航空機、光工学業界向けの総合部品メーカーで、1998年にフランスに進出しました。現地の主な顧客はカーエアコン用コンプレッサーメーカーで、イーグル工業はリップシールやコントロールバルブを納入しています。

 イーグル工業は伝統的に企業家精神あふれる日本企業で、進出先のロレーヌ地方(フォルクモン)では、地域に溶け込むこと、フランスで躍進すること、地元フランスの経営慣行を認知することを特に重視しています。フランスでの生産拡大を先ごろ決定し、約30人の雇用を創出したほか、600万ユーロを投じて工場面積を2年で3,000平方メートルから5,000平方メートルに拡張しました。この生産拡大によってヨーロッパにおけるイーグル工業のプレゼンスが高まるとともに、メキシコにある姉妹工場の生産も補完できる見通しです。

 福岡県出身の鶴氏は、慶応義塾大学経済学部を卒業後、1972年にイーグル工業の親会社であるNOK株式会社に入社しました。アメリカのマサチューセッツ工科大学大学院で経営学修士(MBA)も取得しています。1979年にイーグル工業取締役に就任、1989年6月より同社代表取締役社長。

 国家功労勲章はフランスに対して傑出した功績のあった軍人または民間人を表彰するため、1963年12月3日にド・ゴール将軍によって制定されたフランスの勲章です。

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る