「クレマンソー、心惹かれる日本」がオーギュスト・パヴィ文学賞受賞

 マチュー・セゲラ著「クレマンソー、心惹かれる日本」(CNRS出版)が、2014年オーギュスト・パヴィ文学賞を受賞しました。

Clemenceau ou la tentation du Japon - JPEG アジアまたは太平洋地区に関するテーマを扱った著者を顕彰する同賞は、地理学と歴史学を活動領域とするフランス海外科学アカデミーによって授与されます。

 マチュー・セゲラ氏は歴史研究論文「クレマンソーと極東」(パリ、Sciences Po出版)で 2012年渋沢・クローデル賞を受賞、東京国際フランス学園の教壇に立つ一方、日仏会館交換研究員(CNRS-Maee、日仏会館)として日本に関する研究に取り組んでいます。

 同氏が2014年から2015年まで監修者を務める「クレマンソー、虎とアジア」展は、国立ギメ東洋美術館、ニース東洋美術館を巡回し、現在はヴァンデ歴史博物館で開催されています。

 著者サイン会が12月13日(土)午後1時から3時まで、アンスティチュ・フランセ東京内の欧明社リヴ・ゴーシュ店で行われます。

 詳しくは日仏会館フランス事務所ホームページをご覧ください。

 

最終更新日 11/12/2014

このページのトップへ戻る