フランス料理文化センターの大沢晴美事務局長が国家功労勲章を受章 [fr]

 フランス料理文化センター事務局長の大沢晴美氏が12月12日、臨時代理大使を務めたポール=ベルトラン・バレッツ公使により、国家功労勲章シュヴァリエに叙されました。

JPEG - 245.6 kb
フランス料理文化センターの大沢晴美事務局長
写真・在日フランス大使館

 大沢氏は20年以上にわたるフランス料理文化センター(FFCC)の活動を通して、日本におけるフランス食文化の振興に貢献しました。料理やサービスの技能向上を図り、「クープ・ジョルジュ・バティスト」サービス世界コンクール、「メートル・ド・セルヴィス杯」、「メートル・キュイジニエ・ド・フランス・ジャン・シリンジャー杯」などのコンクールを定期的に開催しているほか、フランス地方文化を紹介する活動、フランス料理の上級者向け講習会なども展開しています。プロを対象とした普及活動において、その活力と創造力で新しいアプローチを次々と編み出す大沢氏は、日本におけるフランス食文化の振興を支える極めて重要な柱となっています。

 大沢氏はフランス農事功労章受賞者協会(MOMAJ)の事務局長も務めています。農業や農産品に関する取り組みが認められ、2001年に農事功労章シュヴァリエ、2010年に同章オフィシエを受章しています。現在も事務局長として積極的に活動しているFFCCとMOMAJのほかにも、最近では絆の美食会(才能ある若手の発掘、育成が目的)や日本シャルキュトリ協会の設立に携わりました。

 本業の傍ら、慈善活動にも取り組み、東日本大震災で被災した住民のために、とりわけフランス料理炊き出し隊「ラ・キャラバン・ボナペティ」への参加を通して支援活動に尽力しました。

ポール=ベルトラン・バレッツ公使から国家功労勲章を受け取る大沢晴美氏
ポール=ベルトラン・バレッツ公使から国家功労勲章を受け取る大沢晴美氏
在日フランス大使館
夫の大沢隆氏に見守られながら答礼のあいさつをする大沢晴美氏
夫の大沢隆氏に見守られながら答礼のあいさつをする大沢晴美氏
在日フランス大使館
お祝いに駆けつけた服部栄養専門学校の服部幸應校長
お祝いに駆けつけた服部栄養専門学校の服部幸應校長
在日フランス大使館
夫の大沢隆氏、FFCCのスタッフに囲まれて
夫の大沢隆氏、FFCCのスタッフに囲まれて
在日フランス大使館
夫の大沢隆氏、FFCCのスタッフに囲まれて
夫の大沢隆氏、FFCCのスタッフに囲まれて
在日フランス大使館
夫の大沢隆氏、FFCCのスタッフに囲まれて
夫の大沢隆氏、FFCCのスタッフに囲まれて
在日フランス大使館
フランス農事功労章受賞者協会の嶋村光男名誉会長による乾杯
フランス農事功労章受賞者協会の嶋村光男名誉会長による乾杯
在日フランス大使館

最終更新日 17/01/2019

このページのトップへ戻る