エジプトでテロ発生 [fr]

 フランソワ・オランド大統領とジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣は4月9日、エジプトで発生したテロを受けて声明を発表しました。

フランソワ・オランド大統領声明(2017年4月9日)

 私はナイル川デルタのタンタにある聖ゲオルギオス教会で枝の主日の礼拝が行われている中で今朝発生し、多くの犠牲者を出した卑劣なテロの知らせを受けて深い悲しみを覚えました。

 犠牲者のご家族に哀悼の意を表するとともに、負傷者の早期回復を祈念します。

 エジプトが再び、その一体性と多様性の破壊を望むテロリストに襲われました。

 フランスはこの恐ろしい試練においてエジプトと全面的に連帯するとともに、エジプト当局と連携してテロとの戦いに全力で取り組みます。

エジプトでテロ発生-ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣声明(2017年4月9日)

 キリスト教の祝祭日である今日、テロがエジプトを2度にわたって襲い、極めて多くの犠牲者を出しました。私はエジプト国民に対するフランスの全面的な連帯の意を改めて表明するとともに、耐え難い打撃を受けたキリスト教共同体に心からお悔やみを申し上げます。

 カイロのフランス大使館とアレキサンドリアのフランス総領事館は、とりわけ現地在住フランス人とその安全のために全力で対応に当たっています。

エジプトの教会でテロ発生-ジャン=マルク・エロー外務・国際開発大臣声明(2017年4月9日)

 エジプトが再びテロに襲われました。卑劣なテロ行為が今朝、ナイル川デルタのタンタにある聖オルギオス教会で発生し、多くの犠牲者を出しました。

 犠牲者のご家族に哀悼の意を表するとともに、エジプトに対する私の全面的な連帯の意を表明します。

 枝の主日の礼拝を狙ったことが、テロリストの目的をよく示しています。それはエジプト社会の特徴である共生と宗教的寛容を非難の対象にすることです。

 フランスはこの不吉な計画を食い止めるため、そしてテロとの戦いにおいて、エジプトの側に立ち続けます。

最終更新日 10/04/2017

このページのトップへ戻る