年金給付のための生存証明書 [fr]

 フランスの年金金庫による定期審査の一環として、年金給付に必要な生存証明書の提出が求められます。定期審査の実施間隔は、年金国庫により異なります。

注意:当館での生存証明手続き業務を停止いたしました。来館されても手続きはできませんのでご注意ください。

去年より、日本在住の年金受給者に関しては日本の住民票が生存証明書として認められるようになりました。
つきましては、下記の資料を直接フランス年金局へ郵送してください。
(またはフランス年金局Info Retraiteのサイトより資料を読み込み送信してください:https://www.info-retraite.fr/portail-info/home.html:

- 最新の住民票(翻訳書は不要)
- フランス年金当局から送られてきた生存証明書用紙にご本人がサインしたもの

なお当大使館では、生存証明書の証明を行っておりません。

問題等が発生いたしましたらフランス年金局に直接お問い合わせください。

最終更新日 20/04/2021

このページのトップへ戻る